FC2ブログ

セピア色の化石ともなれ

うさぎ

Archive2015年09月 1/3

  • クールな彼女、無事終えました。今回も何とか最終回までいきついたのでほっとしました。いつもと違って、アンドレに冷たいオスカル様でご心配をかけたと思います。読んでくれてる皆様には辛い思いをさせてしまいました。私はオスカル様が前世でアンドレが亡くなってしまった時の苦しみを表現したかった。そして前世とは違って今度は幸せになれるんだ、と想像させる物語にしたかった。しかしそれにはオスカル様が過去の自分がアンド...

  • 2015年09月22日 14

    「それなら、おいていかないで・・・」アンドレの腕の中でオスカルはつぶやくように語った。「私は死んでいくお前の夢を何度も見た・・・」「沢山の血が流れてお前が冷たくなっていく・・・でも、私にはどうすることも出来ないんだ」「どんなに逝かないでと泣き叫んでもお前の魂は私の前から消えていく・・・そして私を残してお前は逝ってしまった・・」オスカルにはアンドレが死んでいく様子が思い浮かんでいた。「もう、二度と逝...

  • 2015年09月21日 7

    そしてアンドレとオスカルは、二人がはじめに会ったときのように一緒に屋敷から走って逃げ出していた。アンドレはあの時のようにタキシード姿オスカルは今回はドレス姿なのだから、以前より厳しい。それでも何とか近くの公園までたどり着いた。お互いしばらく口も聞けないくらい疲れ果てハアハアと息を吐いていた。そして最初に口を切ったのはオスカルだった。「アンドレお前何考えてるんだ、私はドレス姿なのだぞ、以前と条件が違...

  • 2015年09月20日 9

    「アンドレ、ここにいたの?」エメがアンドレに声をかけた。アンドレはまだ庭で落ち込みきっていた。オスカルにはジョゼフと婚約するといわれ、ジョゼフにはオスカルを連れ去られてしまった、身も心もボロボロ状態だ。「もうそろそろ宴も終わりに近づいたわよ、ジョゼフがオスカルとの婚約を発表するかもしれないんだから!それなのにこんなところでじっとしてていいの?」まさか、この席で婚約披露をするつもりなのか!アンドレは...

  • 2015年09月19日 5

    「どういう意味です?」「先日私をかばって彼に大怪我を負わせてしまった」「オスカル、それは貴方のせいではありませんよ」「いいえ、私のせいなのだ」「彼の前世での不幸も全て私が原因だった。・・・」「彼の気持ちに長いこと気がつきもせず彼を苦しめ、彼の片目を奪い、そして最後には私のために彼は死んでしまった・・・」「私は生まれ変われるなら彼ともう一度愛し合い、今度こそ自分の手で彼を幸せにする、と決意していたん...

  • 2015年09月18日 4

    アンドレの口付けに酔ってしまいそうだ。・・アンドレの黒い瞳に見つめられると逆らえない・・・どうしても私は彼を求めてしまう・・・愛している 愛している この気持ちがあるからこそ別れるのだ、お前には誰より幸せになってほしいこの胸にあふれ出しそうなくらいお前を愛しているだからこそ・・私は・・・オスカルはアンドレの胸を押しのけ「アンドレ、私はジョゼフと婚約する・・・だから今度こそお前を忘れる、お別れだ・・...

  • 2015年09月18日 6

    先ほどのの「誠に言いにくいのですが」で皆さんにいらぬ心配をおかけしてしまいまして申し訳ありません。皆さん、私の言ったことを深読みして自分のことだろうか、とあやまってくれたりして申し訳ありません。私としては、あまり詳しく書きたくないのでああいった中途半端ないいかたしか出来ないのです。私は「こんな作品かいてほしいです」「次の展開こうあってほしい」くらいの希望なら悩みませんし落ち込んだりしません。出来る...

  • 2015年09月18日 29

    今回のクールな彼女はかなり物議を読んだ作品のようです。多分オスカル様が自分の心を偽ってアンドレに冷たくする別れを告げるジョゼフの元に行く、それらの辛いシーンがいやなのでしょう。物語がお好みにならないのは自由です。つまらない、と思うのも自由です。でも、内容に関しての訴えは辞めていただきたいのです。今現在連載している物語のことを言われても、変更は出来ません。それに、今回の物語は、そんなに許せない内容な...

  • 2015年09月17日 9

    いつの間にかアンドレがオスカルを追いかけてきたのだった。「アンドレ・・・」オスカルは急いで涙を拭いた。「オスカル、泣いているのか?」「違う・・・」そういったオスカルの手の中に自分が以前プレゼントしたネックレスが握られているのが見えた。「それは・・・」オスカルは見られてはいけない!と思ってすぐに隠そうとした。だがすぐにアンドレに抑えられてしまった。「俺がお前にやったサファイアのネックレス・・・持って...

  • 2015年09月17日 4

    アンドレが、オリヴィアに官能的なキスをしているところをオスカルは見てしまった。「あ・・」と思わず声に出してしまい「オスカルどうしたのですか?」とジョゼフに聞かれてしまった。「何でもないのです・・、ジョゼフ」何とか気を取り直そうとしたところ、新たにアンドレに近づく女性が現れて、今度はその女性の髪の乱れを直していた。しかもまた別の女性に・・・彼は女性の扱いが上手い、だからすぐに他の女性が出来る。・・・...