FC2ブログ

セピア色の化石ともなれ

うさぎ

Archive2016年10月 1/2

  • 「リトルレディの恋」終わりました。今回の話はオスカルがアンドレと一緒に馬に乗りたいと思ったのがきっかけで事件が起こります。オスカルの不注意でアンドレは足の骨を折る怪我をしてしまい、オスカルは反省するばかり。そのためアンドレの看護をすると決め、おじいさんにやっていた時のように、アンドレに付き添います。そしておじいさんとの思い出のバラ園にアンドレとともに行き、「お前が倒れたときは私が世話してやるから安...

  • 2016年10月26日 3

    その人は俺が寂しいときには必ず目の前に現れる不思議な人だ、俺とその女性とは仲良しになり、遊んだり勉強したりして一緒に過ごした。俺よりずっと年上なのにかけっこや木登りが好きで俺を振り回すいたずら好きな人でもあったが、根は優しくいつも俺のことを気にかけてくれていた。森の中を彼女と手を繋いで歩くときが俺にとって何よりの喜びだった。だってその人は俺に優しく微笑みかけてくる、それはどれだけ俺のことを大事に思...

  • 2016年10月25日 3

    次の日、二人は馬に乗って遠乗りに出かけた。オスカルに遅れないようにアンドレは軽快に馬を走らせる。オスカルはアンドレの上達振りに驚いた。かなり頑張って練習したんだ、私と遠乗りに行くために・・・そう考えるとうれしくて心が弾んだ。オスカルの秘密の場所に続く獣道に出てきた。「ここを入っていくのだ」そこは幾分道が細くなるので、馬から降りて歩いていく。やがて野いちごが実る場所についた。緑の景色に野いちごの紅い...

  • 2016年10月24日 5

    しばらく一人で泣いた後、もう帰ろうと立ち上がった。いつもこうして一人で耐えてきたのだから、きっとこれからもやっていける・・・少し落ち着いた、哀しみは消えなくとも・・・それでも・・・一人ぼっちは慣れている。再び馬に乗り込み屋敷に向かって馬を走らせた。もう夕暮れだ、少し長居してしまった・・、まだアンドレは小説を書いているだろう。やがてジュベルの屋敷が見えてきた。だが、門の前に誰か立っているではないか?...

  • 2016年10月23日 1

    オスカルの献身的な看護の甲斐あって、アンドレの怪我は日増しによくなっていった。もう寝ている必要もなくなり、遅れた分を取り戻そうと作家としての仕事にいそしむようになった。起き上がって自室で机に向かって熱心に創作活動をする。まだ足は完全ではないものの、自分で立って歩ける、松葉杖つきだが。「アンドレ、部屋から出るときは私が車椅子を押してやるというのに」オスカルがつまらなそうにいった。「いつまでも車椅子に...

  • 2016年10月22日 4

    オスカルはアンドレが足の怪我で動けなくなってから毎夜、アンドレに本を読んで聞かせるようになった。アンドレはベッドに横になってばかりで夜眠れないだろうから眠れるよう本を読んでやるとオスカルが言い出したのだ。アンドレとしては大人の自分が子供のオスカルに本を読んでもらうなど妙な気分だが、オスカルは張り切っているし。それに自分の本を改めてじっくり読んで聞かせてもらうと良いところも悪いところもわかるものだと...

  • 2016年10月21日 5

    「私は眠ってしまってたのか?」オスカルが目を覚ました。「ああ、お前疲れていたんだよ」アンドレはふと気がついた。「オスカル、馬にのってどこかいきたいところがあったのか?」「何のことだ?」「だってお前は俺と遠乗りしたかったんだろう?どこか良い行き先があったんじゃないのか?」オスカルは秘密がばれた顔になり、観念して話し出した。「実は・・以前このジュベルの森を馬で散歩していたところ、茂みの中に獣道を発見し...

  • 2016年10月20日 3

    夜遅くにアンドレが目を覚ました。眠りが浅くなったところに足の痛みを感じ、目が覚めてしまった。そうか、オスカルと乗馬の練習中に落馬してしまったんだった。・・・足を折ってしまって、しばらくは歩けないな・・・そう考えているとベッドサイドに誰かいるではないか。そこにはオスカルがアンドレのベッドの端に頭を乗せて眠りこけていた。「オスカル」アンドレは思わず声に出た。その声でオスカルが目を覚ました。「アンドレ、...

  • 2016年10月19日 3

    私はおじい様がまだ車椅子生活になる前に乗馬を教えてもらっていた。ジュベルの屋敷の周りの森はやはりジュベル家が持つ森だ、だからあまり人が来ない。その森の中は馬での散歩コースに最適なのだ。私の運動のためでもあるし、もともと貴族の血筋のジュベル家では乗馬ができるのは必須だった。おじい様が亡くなった後しばらく馬に乗っていなかったが久しぶりに乗りたくなってアンドレを馬小屋に誘った。アンドレは大きな屋敷だが馬...

  • 2016年10月18日 7

    アンドレと暮らし始めていろいろな思い出ができた。その思い出のいくつかを語っておこう。全部は語りつくせないが、私にとってどれも大事な思い出だ、できるだけたくさん残しておきたい、だって私にはアンドレとの思い出は何にも勝る宝なのだから。アンドレが森の中にたたずむ、このジュベルの屋敷を訪れ、私の後見人を願った後私は、屋敷の中をくまなく案内し、最後に図書室に案内した。そこにはアンドレの書いた本もたくさん貯蔵...