FC2ブログ
うさぎ

選択後の二人⑦

屈辱的な言葉に耐えかねるようにアンドレは答えた。

「貴方は・・・わかっていない」

「オスカル・フランソワという人物を」

「貴方はオスカル・フランソワに憧れていたという、だが何故彼女に惹かれるか知っているか?」

「彼女が美しくみえるのは、外見だけでなくあの高貴な精神から来るものだ」

「己が正しいと思ったことは貫き通す強さと愛情深さをかね添えたあの精神こそが誰もが彼女に惹かれた理由なんだ」

「そんな彼女に愛人となって得た金を与えても彼女を貶める行為にしかならない」

「彼女が俺のためにした犠牲は俺自身の手で償わなくては意味が無いんだ」

「確かに俺は貴方が言うように女神を地上に落とした罪人かもしれない」

「だが、俺はようやく手に入れた女神を手放す気などさらさら無いんだよ、どんなに俺が彼女にふさわしくなくとも」

「それに・・・俺は彼女でないと、その気になれない男なんでね」

アンドレの言葉にルイーズは屈辱を感じた。

「わ・・・私では駄目だっていうのね」

「そういうことだ」

「ルイーズ、悪いな、他をあたってくれ!」

そういうとアンドレはルイーズに止める暇も与えず御者に声をかけて馬車を止めさっさと降りていってしまった。

残されたルイーズは悔しい思いでいた。

「くやしい・・従僕のくせに」

しかしルイーズ自信も不思議であった、あのように貧しい庶民の暮らしを強いられながらも彼女は輝きを失わない。

そしてあのようにまで深く愛されるのは何故?



アンドレが帰ってきて元気が無い。

どうしたのかと聞いたら、「なんでもない」の一点張り。

またお前からルイーズの香水の香りがした。

嫌な気分になってお前の前から立ち去ろうとしたら。

突然アンドレが

「行くな!」といって私の腕をつかんだ。

その後抱きしめて「オスカル、愛しているんだ」といって私を放さない。

「いきなりどうしたのだ?」

「俺を愛しているといってくれ」

「もちろん愛している、どうしたのだ?」

「なら、何処へもいかないでくれ」

「当たり前だ、だからどうして?何かあったのか?」

「オスカル、お前を失うのが恐いんだ・・・」

そういってアンドレは強く私を離そうとしなかった。

私は一番恐れていた質問をアンドレにした。

「お前・・・ルイーズと何かあったのか?」
スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 1

There are no comments yet.

うさぎ

No title

初コメントありがとうございます。

S様、の言葉はうれしい!うれしい!うれしすぎです!

恋愛小説ですから恥ずかしい展開が多くて、周りから見たら、何恥ずかしいこと書いてるんだって思われるかも・・・て常づね不安との戦いなんです。

そんな中こんなに楽しみにしてもらえるなんてまるで夢のようです。

これからも愛し合うお二人の応援お願いします。

拍手コメントのお礼欄に書きましたが、どうやら見られないようなので改めてこちらに書きました。

2015/07/09 (Thu) 15:50