FC2ブログ
うさぎ

挿絵について

「選択後の二人」が最終回を迎えて、もう4日たちましたね。

早いものです、最終回って楽しみな反面、寂しさもひとしおなんです。

もう今日で終わりなんだ~って。

ほっとすると同時に次のを完成させたい気持ちが強くなって焦ります。

物語を描くときは決して楽しいことばかりではないのに、何で続けるのか自分でもわかりません。

でも、皆さんのコメントに深く感動させられるのは大きな要因ではあるのです。

二次創作とはいえ、あまりにも文章力の無さに自分でも嫌になるのに、「文章だけでも十分いけますよ」なんてコメントいただいたときは感激してしまったし

「涙が出るほど感動しました」「幸せな気持ちになりました」コメントもいただいてこれにも感動の嵐です。

そして「オスカルの選択」のときですが。

最終話の挿絵をいたくほめてくださった方が何人かいましたが、その中で完全トレースの挿絵よりもトレースにアレンジを加えた私のオリジナルに近い絵のほうが好きだといってくださった方がいました。

完全トレースは原作のイメージだけど、私の物語にはアレンジの挿絵のほうがしっくりくるといってくださいました。

これには参りました。

私はアレンジした挿絵に恥ずかしさを持っていました。

どうあがいてもアラがあるし、これだけ手間隙かけても不満が残る挿絵にしかならない。

だから完全トレースのほうが素晴らしい挿絵に見えると思ってたんです。

こんなに私の挿絵に感じ入ってくれてる人がいるなど考えたことも無くただただ感激してしまいました。

見に来てくれる人たちはオスカルとアンドレの物語だから来てくれる訳で、決して私独自の力ではないのを知っていますし、それに挿絵も原作に似ているから好んで見てくれているのです。

それなのに、アレンジしたほうを選んでもらえるなど涙が出るほどの感動でした、どうもありがとうございます。

元々挿絵は、物語にオスカル様とアンドレの姿を想像してほしいから描いていました。

私も二次創作めぐりをしてましたから、そのときに頭の中でオスカル、アンドレの姿を想像しながら読んでました。

だから私の描く物語に挿絵を掲載しておくと、さらにその世界に酔えるのではないかなあ、と想像したのです。

何せ物語を書く私が描くのだから、私が思い浮かべるイメージに近く出来ます。

最初はこんなの要らなかったかなあ、と不安な挿絵でしたが、それなりに見てくれている人もいるのだと思えば頑張った甲斐がありました。

物語も頑張って書いています。

いつも通りできばえには自信が無いですが。

うさぎ
スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 0

There are no comments yet.