FC2ブログ
うさぎ

クールな彼女⑬

アンドレが一人でオスカルとの思い出にふけっていると誰かに声をかけられた。

「貴方もしかしてコラムニストのアンドレ?」

気がつくとそこには、17歳か18歳くらいの女性がいた。

「君は?」

「私はオリヴィア、ルイ・ジョゼフの遠縁の娘よ」

「貴方のコラム毎週楽しみに読んでるわ、私大ファンなの!」

「それは光栄だな、こんな若くて素敵なマドモアゼルに読んでもらえるとは」

「貴方のコラムは鮮烈だったわ男性でありながら、こんなに女性の心理が理解できるなんてって、それに・・・とっても素敵だし」

「実は、モン・ラパンで貴方の写真が掲載していたのを見てますますファンになったわ」

「それはどうも」

俺のコラムのファンだというオリヴィア、しかし今は相手をしている気分ではないのだが・・・

「貴方ジョゼフが今夢中なオスカル・フランソワの恋人だったんですってね、写真記事見たわ」

「彼女がジョゼフのパートナーに納まってるって事はオスカルとは別れたのね」

「でもジョゼフの気が知れないわ、7歳も年上なのよ、今社交界ではジャルジェ家とアーベル家の政略結婚ではないのか?とうわさは持ちきりよ、だってオスカル・フランソワといえば、社交界のパーティーにろくに顔も出さず、出てもほとんどがパンツスタイルたまにドレスを着ても目立たないのばかりで、用が終わるとさっさと帰っていってた。」

「いくら彼女が美形でも周りの男性は取り付くしまも無い、しかもあの中性的な雰囲気の人をジョゼフが女性として意識するなんて信じられないってもっぱらのうわさだわ」

オスカルの嫌な話は俺としてはやはり聞くに堪えない、そこで言い返してしまった。

「しかし、ジョゼフはオスカルに惹かれている、それもかなり深くだ、君はそれだけオスカルを苦々しく思うのはジョゼフに気があったからじゃないのか?」

オリヴィアは確信を付かれたらしく、黙り込んでしまった、しかしすぐに口を開いた。

「さすがは恋愛の達人のアンドレ・グランディエね、そうよ、私ジョゼフを狙ってたの、私だけじゃないわ、彼って信じられないくらいの美少年でしょ、おまけに頭脳明晰で見た目よりしっかりしていてリーダーシップまである、周りの女の子はみんな彼に夢中になったわ」

「それが7歳も上の女性を好きになっただなんて信じられると思う?ここにいる連中はみんなそう思ってるわよ」

オリヴィアの言ったことはあたっていた、他の客達のうわさ話の多くは、社交界の貴公子ジョゼフが今までろくに上流階級の集まりに顔出ししていないオスカル・フランソワに交際を申し込んだことだ。

オスカル本人を見たことが無い人も多く存在するのだ。

アンドレはとかく上流社会とは口さがないものだ、オスカルがジョゼフにふさわしくないなどと吹聴する輩はオスカルの美しさや素晴らしさを知らないからだ、と思った。

それにオスカルは俺に会うまでは出来るだけ華やかな場所に出ないようにしていた、ここは花嫁、花婿探しの場でもある、だから、出来るだけ目立たなくしていたといってたからな。


そのときパーティーの主役ルイ・ジョゼフとそのパートナー、オスカル・フランソワの名前が司会者から挙げられた。

楽団が音楽を奏で、その音と共に、最初に現れたのはルイ・ジョゼフだった。

まるで中世の貴公子さながらのいでたちで笑顔で会場の賓客に挨拶した。

「皆さんお忙しい中お集まりくださってありがとうございます、今日はライアット社の新商品を楽しみながら見ていただくためにこのような趣向を凝らしました、中世の宴に迷い込んだと思ってお楽しみください」

「そして、こちらは僕の今日のパートナー、オスカル・フランソワ嬢です」

その言葉が言い終わると同時に長いカーテンが開かれ、そこに現れたのは。

会場の人々は目を見張った。

クールな彼女5

スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 3

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/15 (Tue) 01:59

うさぎ

Re: タイトルなし

H様、今回アンドレにとって苦難の連続ですからファンにはイライラする展開でしょう。

でも、何故かアンドレってオスカル様への思慕に耐える様子が絵になるんです、これが。

アンドレの行動はさすがにいえませんが、彼は自分でもあきらめない、と申していますのでこれで終わることはありません。

2015/09/15 (Tue) 16:23

うさぎ

No title

投稿者様(お名前なかったので勝手に呼ばせてもらいます。)

絵は自信ありませんでしたが、褒めていただいてありがとうございます。

今のところ盛り上がりに欠けるので、退屈しないかと心配でしたのにドキドキするといっていただけてうれしいです。

ありがとうございます!

2015/09/15 (Tue) 16:32