FC2ブログ
うさぎ

夢のラストダンス②

彼の眼が見えていたとき、私はハイスクールに入り、初めて高校主催のダンスパーティーに参加した。

まだ彼も失明することを知らなかった頃だ。

私は始めてのダンスパーティーに戸惑っていた。

だって、男っぽい私が皆の前でドレスを着て踊りを披露するなど恥ずかしくてしょうがない。

とは言うものの、私も女の端くれだ、男子に誘われてダンスパーティーに参加するのは憧れがあった。

問題は誰がパートナーになるかだ。

私は誰にも誘われなかったらどうしようと危惧していたが意外なことに3人もの男子に誘われた。

彼らはそれぞれに私を呼び止めて「オスカル、ダンスパーティーのパートナーになってくれないか?」と誘ってくれた。

複数の男子に誘われてうれしいものの、どうやって決めようかと悩んでしまい、アンドレに相談した。

そしたらアンドレは「オスカルはその中の誰かが好きなのか?」と聞いてきた。

私は誰も好きとはいえない気持ちだったから

「いや、誘われてうれしいものの、誰を好きという気持ちは無いな」と正直に言った。

するとアンドレは

「それなら、全員断って俺とダンスパーティーへ行こう!」といったのだ。

しかし私はアンドレが私に気を使ってるのではないかと思った。

「だってアンドレだって誘いたい女子がいるのではないのか?」

と聞いたらアンドレは笑顔でこういった。

「俺が一緒に行きたいのはオスカルお前だよ、お前がハイスクールに入ってきたら絶対にダンスパーティーのパートナーに誘おうって決めていたんだ」

その頃の私はアンドレの気持ちなど知らず、単純にアンドレは仲がいい私と踊りたいだけだと思っていた。

私も初めてのダンスパーティーなのだからアンドレがパートナーのほうが安心だ、と当時は軽く考えていた。

そして、申し訳ないけど、といって誘ってくれた男子にはパートナーの話を断った。

その日からアンドレと私はダンスの練習にいそしんだのだ。

彼は前年からダンスパーティーに参加しているからダンスになれていた。

彼と踊ってると私までダンスの名手になった気分になれる、だってアンドレのリードは最高だったのだ。

だから、パーティーの開催日が楽しみでならなかった。

やがて、ダンスパーティ当日になり初めていったハイスクールのダンスパーティーは盛況だった。

ロザリーも当時はベルナールでない男子に誘われて踊ってた。

他の女子たちも今日はおしゃれしてパートナーとの踊りに興じていた。

私はというと、もちろんアンドレと二人で楽しく踊りまくったのだ。

久しぶりに長めのワンピースドレスを着て恥ずかしかったがアンドレは「とても似合ってるよ」と褒めてくれた。

アンドレはというともちろん彼も正装しておしゃれに決めてとてもステキだったのだ。

ワルツもタンゴもジルバも全て踊って私達はくたくたになるほど踊りまくり、そこで少し休憩することにした。

そしたら、アンドレが同級生の女子に話しかけられた。

アンドレは「オスカルちょっとここを離れる、すぐに戻ってくるから待っててくれ」といって、同級生の女の子と出て行ってしまったんだ。

私は気になってしょうがなかったけど、待ってるようにといわれた手前、そのままでいたんだ。

同級生の女の子たちと会話しながらアンドレを待っていた。

しかしダンスパーティーはパートナーとだけ踊るとは限らない。

あぶれていた男子が私にダンスを誘ってきた。

同級生のカルロスだ。

「オスカルいつもと違って見違えたよ、一人なら踊ってくれないか?頼むよ」

是非にといわれては仕方が無いのでアンドレが戻るまで踊ることにした。

アンドレ以外の男子と踊るのは久しぶりだった。

しかし、そこでわかってしまったのはアンドレ以外の男子と踊るのは何と違和感があるのだろう。

アンドレは私の手をどのようにして握ればいいかを熟知している

そして肩に腰に手を回すのでもアンドレの手はもっとしなやかに私の腰に触れていた。

アンドレはいつも完璧に私の癖を知った上で踊っていたのだ。

やはり彼以上のパートナーは私には望めそうも無い、そう思いながら踊っていた。

すると、いつの間にか戻ってきていたアンドレがカルロスの肩をとんとんと叩いて「パートナーチェンジだ」といって私を取り戻しに来たんだ。

カルロスは上級生の言葉だからしぶしぶではあるが素直に従ってくれた。

アンドレは私の手を取り自分のほうへ引き寄せ「ただいまオスカル」といって踊りだした。

私はアンドレが戻ってきて水を得た魚のように再び楽しく踊りだしたんだ。

今思えばあのときすでにアンドレは私のことが好きだったんだ。

だから私が他の男子と踊るのを阻止したんだ。

オスカルはそのときのことを思い浮かべ思わず「ふふっ」と笑ってしまった。
スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 1

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/12 (Mon) 19:19