FC2ブログ
うさぎ

ショコラのクリスマス②

「オスカル、俺としてもお前と会えないのは辛くて仕方が無い、でもどうしようもないんだ」

「アンドレ!クリスマスとは恋人同士が一緒に過ごす日なのではないのか?」

オスカルにとっては初めて恋人が出来て初めて一緒にクリスマスを過ごすのを楽しみにしていたのだ、それを反故にされてはたまらないのは当たり前だ。

しかしクリスマスは恋人同士で過ごすというより、イエス・キリストが生まれた日で家族や自分の大切な人と過ごす日なのだが。

ここ最近では家族よりも恋人同士で過ごすのが増えている風潮なのは世間知らずのオスカルでも知ってるらしい。・・

「世間では恋人同士で過ごすというのに、何で私が一人きりでクリスマスを過ごさなければならんのだ!」

「しかも・・・クリスマスは私の誕生日なのだぞ・・」

確かにそうだ、・・しかしオスカルにプレゼントするためにはどうしても我慢してもらわねば・・

俺に甲斐性が無いからといってオスカルにプレゼントが出来ないなど我慢できない!

「本当に悪いと思ってるよ、だけど夜遅くになるけどクリスマスには会えるようにした」

「セラヴィのオーナーに頼んだんだ、クリスマス当日は夜の10時までにしてくれと、その後二人きりでクリスマスを過ごそう」

「クリスマスにたった2時間一緒に過ごすだけなんて!何とかならないのか?」

「ごめん、どうしようもないんだ・・・だけど翌日は一日中お前の側にいられる・・」

「そんな・・・クリスマスでなければ意味が無いではないか・・」

あまりにがっかりしたオスカルを観て、俺はプレゼントのことをばらしてしまいたくなった、だけどここでばらしてしまえば、オスカルのことだ、プレゼントトなど気にするな、というだろう。

しかし、思いつめたオスカルは俺が思いもよらない提案をしてきた。

「そうだ!お前の学費を私が払えば良いのだ!」

「何だって?」

「私は学生だが必要なものがあればこれで買えと父からこのカードを預かっているし、それに女優としてのギャラも入っている、お前の大学の授業料をここから出せばいいのだ」

オスカルはセレブ御用達のブラックカードを俺に見せてきた。

「アンドレ、これで問題解決だ、私達二人は私の誕生日とクリスマスを満喫できるぞ」

しかし俺はオスカルの満面の笑みを観ながら惨めなよどんだ気持ちが心の中を支配してしまった。

そしてその後出た言葉は我ながら冷たく心無い言葉だったに違いない。

「やめてくれよ」

「アンドレ・・・どうしたのだ?」

「俺はお前にほどこししてもらうほど落ちぶれてはいない!」

「俺は大学に行く際親族に入学金は出してもらったが、その後の授業料や生活は自分でやると決めているんだ」

「それに、お前と付き合ってるのはお前を愛しているからで、お前に金を無心するためではない!」

「アンドレ・・・私はただ・・お前が助かるのではないかと・・・」

オスカルはこんなアンドレを見るのは初めてでハラハラしながら話しかけた。

「助かる?それはそうだろう!お前は金持ちの娘でおまけに有名女優だ!金はうなるほど持っているからな、だからっておこぼれに預かろうなんて考えは俺には無い!」

「そんなこともわからないで俺と付き合っていたのかと思うと情けないよ」

そういって席を立ち、そのまま彼女の前から立ちさろうとした。

オスカルが「アンドレ!何処へ行くのだ!」というので

「今は一緒にいたくない!ほっといてくれ!」と冷たく答えてその場から去って行った。


こうして俺達は付き合ってまもなく、それも大事なイベントの前にケンカしてしまったんだ。
スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 4

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/31 (Thu) 21:07

うさぎ

Re: こんばんわ

P様あけましておめでとうございます。

ブログ開設一周年のお祝いの言葉ありがとうございます♪

年明け早々お二人のケンカの話で申し訳ありません。(良く考えてみればタイミング悪っ)

しかし、P様のいうようにお互いのことを思えばこそのケンカなんです。

こういうのって恋人同士にはよくあることです。

P様8月にいらしたのですね、来年の8月までは頑張りたいです。

それまでべるバラ熱冷めていませんように・・・(P様も)

今年もよろしくお願いします。





2016/01/01 (Fri) 00:25

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/01 (Fri) 04:57

うさぎ

Re: タイトルなし

あけましておめでとうございますL様。

去年更新が減るかもしれないと言ったので当分は無いと思ったでしょうね。

私自身もそうだと思ってたんです。

けど、物語のひらめきはある日突然起こるもので、これだけは計画通りにはいかないんです。

それが今回クリスマスの話を書きたい、と思いつきその時偶然にL様からもオスカル様のお誕生日ですね、のお話でよけいにやる気が出て出来てしまいました。

(もちろんL様がL様です←(わかりにくい))

だからL様が言ってくれなかったら挫折していたかもです。

おかげさまで15作品になりました!(うれしい♪)

今回は恋人同士になればよくある話を題材にしてみました。

これからはアンドレの片思いではなくて両思いなんですから、よりオアツイ二人が描けます。

それとそうなんです一周年なんです、それなのに15個目とは早いほうでしょうか?

正直こればっかりに集中している生活をしてました。

物語のことばかり考えてしまうので、もういっそのことこればっかり考えていたらそのうち冷めるだろうとやり続けていたら1年経ったしだいです。

L様のコメントはすごく励みになるので出来ればこのままの形の文章だとありがたいのですが。

でも長文だから大変でしょうね、こちらはこんな一杯書いてくれて感激!なのですが、L様は大変ですから短文になっても歓迎です。

では、L様今年もよろしくお願いします\(^o^)/

2016/01/01 (Fri) 12:34