FC2ブログ
うさぎ

ショコラの涙22

「だから・・・そのまま海の底にこの身を投じようかと・・そうすればお前を失ったこの悲しみも消えるかと考えてしまった。・・」

「オスカル・・・まさかお前・・?」

「私はお前の愛を失ったことを嘆きこの世から去ろうとしてしまった・・」

その時! 突然ビシッと音が鳴りオスカルの頬に痛みが走った。

オスカルは突然の頬の痛みに驚いて、アンドレを見たが頬を打った当人であるアンドレはこれまで見せたことが無い怒りと悲しみの顔だった。

そして突然オスカルの両肩を強く握り締め揺さぶりながら

「お前は何てことを!何てことをしようとしたんだ!」とアンドレは恐怖さえ覚える激しい怒りを吐き出した。

「俺はお前を失いたくないから金と名声を手に入れようとしたんだ!」

こんなに我を忘れたかのように興奮したアンドレは初めてだ。

「わかっていたんだ本当は・・・お前は俺にとって手の届かない人だと・・だけどお前に愛された幸せに酔いしれて、そのことを忘れてしまっていた」

「だが、どんなに身の程知らずかをお前の父親に気づかされた・・」

「このままだとお前は他の男のものになってしまう!」

「お前のために屋敷を建てて何不自由しない生活を約束出来る、俺がそんな男になれれば!」

「お前が側にいて俺の音楽を愛でてくれる、そんな暮らしが出来るなら!」

「そのためなら何だってしてやるよ!」

「どんなにみっともなくても無様な思いだって出来る!」

「それなのに、お前がいなくちゃ!」

「お前がいなくなったら!・・・」

「何の意味も無いじゃないか・・・何の意味も・・・」

泣き崩れてしまったアンドレを見てオスカルは、

彼を一時でも疑うなんて何て自分は愚かだったんだろう・・彼はちっとも変わってはいないじゃないか・・・

「アンドレ・・お前がアリアを見つめるのがたまらなく辛かったのだ・・アリアをみつめてアリアに触れるお前が・・・」

「俺がほしいのはアリアじゃない!」アンドレはオスカルに激しく訴えてきた。

「俺がほしいのは!」

「いつも俺の横で歌を聴いてくれて・・俺の与えた指輪を宝物のようにして・・俺を愛してくれるお前だった・・・」

「ずっとずっとお前だけを愛していた・・」

「出会う前からお前を愛してた・・きっと生まれる前から愛していた・・・」

「こんな想い、他の女に感じるわけが無い・・こんな底なしに愛せるのはお前だけなのに・・」

「何でそれがわからないんだ!・・」


「お前が死んだら俺だって生きてはいけない!・・」


こんな・・・究極の愛を捧げてくれる彼を疑うなんて・・・私は・・・

「ご・ごめん・・アンドレ・・・私を・・許して・・」

アンドレはオスカルが泣いてるのを眼にすると静かに落ち着きを取り戻し自らが打ったオスカルの頬に「痛かったか?」といって手を添えた。

「俺のせいだ・・・お前の側にいてやらなかったから・・・お前を一人にしたから・・・オスカル・・側にいてやれなくてごめんよ」

アンドレの眼に涙があふれている・・彼は私の苦しみも罪も全てを引き受けてくれようとしている

「違う・・・お前のせいではない!私がお前を信じていればよかったのだ」

オスカルは急いで否定した。

「だけど・・本当に私のためなら、そんなものは必要なかったのだよ・・・」

「金も名声も何も・・お前さえいれば何も・・」

「私はお前に守られお前の暖かさにふれ毎日が幸せだったのだ、」

「たとえ、あの頃のお前と暮らしても私は幸せになれた、貧しい思いをしたとしてもお前が、いつも私の側にいてくれたならそれだけで・・」

「お前がいて、私がいて、いずれもしかして子供も生まれて、家族に慣れたとしたら、最高に幸せになれたと思う」

「海で私を死神の誘いから救ったのは・・お前への執着だ・・」

「お前にもう一度会いたいという私の想いが行きる気力を起こさせた」

「もうすでに私はお前なしでは生きられなくなっていたんだ・・」

オスカルは涙を拭いて笑顔を見せた。

心配性の彼に心配をかけぬように、自分は彼に愛されて幸せなのだとわかってもらうために


アンドレはオスカルを抱きしめる腕を強くした。

そして決意したようにオスカルの瞳を見つめながら語った。

「オスカル・・もう不安になどさせない」


「今夜お前を俺のものにする」


スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 3

There are no comments yet.

うさぎ

No title

T様この場合どちらに非があるとはいえませんね。

オスカル様のように不安を覚えるのは当たり前で、アンドレは真面目だから心が通じ合ってるのにかけたのだと思われますが。

けど、ここまで自分のことを思っていてくれたんだと知れば疑って悪かったな~って思いますよね。

アンドレも一人にしたから・・・って反省してますし、絆が深まったようです。

しかし、Tさまカウンセリングの先生みたいです♪

確かにお互いが自分のものだと確認すればよけい安心できます。

ひとひねりは・・・無いです。(笑)

2016/02/21 (Sun) 19:55

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/22 (Mon) 08:21

うさぎ

Re: No title

N様待っていてくれたんですねこのときを。

離れていた時間は二人には長かったけど、時間などで失われる愛じゃないんです。

気になることは満載ですが、二人は離れられないのだと改めて認識したんです。

だから試練にも負けません。

2016/02/22 (Mon) 16:19