FC2ブログ
うさぎ

ショコラの涙23

今夜私はお前のものになる・・・

いつかはそうなるとは思っていたがこんなに急にその日が来るとは思わなかった。

だけど・・・離れていた時間を取り戻したい・・・

お前の腕に抱かれる感触と胸のぬくもりを私だけのものだと実感したい・・・

その誘惑に私は耐え切れず思わずお前の強引な言葉にうなずいてしまった。


もう二人の間に言葉はいらなかった、互いの気持ちを確認しあったのだから

ホテルの最上階の部屋 

大きな窓に映る街のネオンの光は まるで満天の星空のように輝いている

以前彼が見せてくれた灯りと同じ


彼の黒い瞳に映るのは私 私の蒼い瞳に映るのは彼


彼は私を抱きしめてくれたから私は彼の耳元で「クリスマスは私の誕生日だプレゼントは、去年所望しただろう・・」といってやった。

彼はくすりと笑って「ではお望みのままに」と言って私を抱き上げてベッドに運んだ。


ベッドの上で彼は私に口付けをした。

それは息も出来ないくらい長く情熱的なキス

口付けをしながら彼は私の服を脱がせていった。

ブラウスのボタンがはずされ私の肌があらわになるたびにその箇所にまた口付けを繰り返す彼

すっかり衣服が取り払われ裸体になってしまった私を見て彼は私を抱きしめながら

「オスカル綺麗だ、誰よりも」と語りかけてくれた

彼の唇が再び私の唇を肌を蹂躙していく。

彼の荒い呼吸でアンドレがどれだけ私がほしいかがわかった。・・・

彼は私を逃さぬようにしっかりと逞しい腕で拘束してしまった

このような行為は以前と同じくまだ少し恐かったけど、彼をどうしても私のものにしたかった気持ちが勝った。

アンドレの肌と私の肌が合わさり、

私に何度も耳元で「愛している」と言ってくれた

そして何度も「オスカル」と私の名前を呼んだ。

何故だろう?それだけで安堵した、そしていとおしくなる。

彼の歌う唇が私の肌を這い、ピアノを奏でる彼の指が私の肌をなぞっていく

もう私の体で彼の唇と指が触れていない場所などひとつも存在しない!

なのに もっと私にふれてほしい、もっと私を求めてほしい

もっと、愛してほしい・・

こんなにも愛せる人がこの世にいる・・

大好きなんてもんじゃない 愛しているなんてもんじゃない それらを超えたこの気持ち

離したくない、自分のものにしたい、彼を独占していたい!

彼が私の中に来て 私は究極の喜びを感じながら、彼に身を任せていった。

離れたくない・・と私が声にすると、彼は私の手を握り締め 離さない・・と答えてくれた。


私達は互いに惹かれあっている、そして求め合っている、

誰も私達を引き離すなど出来はしない!


それがたとえ神であっても・・・


そして、私達はひとつになった・・・

silyokora

スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 3

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/23 (Tue) 11:49

うさぎ

Re: No title

N様、ようやく結ばれました。

ショコラのオスカル様純情だから時間がかかったんですね。

イラスト気に入ってもらえてほっとしました。

イメージと違ったら恥ずかしいな~、でも力作なんだけど、と悩みながらのアップです。

妖艶!艶っぽい!そんな風に見えるとしたら頑張った甲斐があり感激です!

ジャルパパ・・・そうなんです、この人が問題なんです。

2016/02/23 (Tue) 16:15

うさぎ

No title

T様ようやく結ばれたお二人です。(安心してくださったんですね)

T様の推察どおり、まだ試練が待っていますが山場は通り過ぎたというか・・

しかし今までで一番長い話になるのは間違いありません。

無事父上の許しが得られるのかが話の焦点になっていきます。

2016/02/23 (Tue) 16:20