FC2ブログ
うさぎ

ショコラの涙26

パーティー当日になった。

オスカルはパーティーに備えてメイド達に手伝ってもらい、ドレスを着て美しく装った。

表向きは求婚者達のためだが、本当は誰よりも愛する彼のために。・・・

すっかり美しく仕上がり、手伝ったメイド達もため息が出るほど見惚れていた。

「素晴らしいですわオスカル様、すっかり女性らしくなって、しかもますます美しくなられて、」

「本当に・・・オスカル様に選ばれる殿方は幸せ物ですよ、こんな美しいお嬢様を妻に出来るなんて」

「ありがとう、ベル、ローラ、君達のおかげだよ」

「ちょっと私はこれから父上のところに行ってくるよ」とオスカルはそういって席を立ち自分の部屋を後にした。

ジャルジェ卿は自分の仕事部屋にいた。

オスカルはノックをして「父上入ってよいですか?」と声をかけた。

父は中から「入れ」と答えたのでオスカルは扉を開けて入っていった。

父がオスカルを観て驚いた。

ドレスを着て美しく装った娘を見て

娘は何と美しくなったのだろう・・以前から娘の美貌は世間の女性以上だと思っていたが・・・ここ最近ではますますその美しさが際立っている。

「オスカル、美しいぞこれなら集まった求婚者達が喜ぶだろう」

「ありがとうございます、父上」

「父上・・・今日のパーティーにはアンドレもやってきます」

オスカルは真剣な面持ちで父に伝えた。

「アンドレだと!お前はやつと、まだ連絡を取り合っていたのか?」

父は驚いて返答した。

「父上がおっしゃったはずです、彼が一流のアーティストになれば、私の求婚者だと認めると・・」

「彼はその約束を果たしたのです、」

「世間の噂でプロデビューしたのは聞いていた、だが彼はまだジャルジェ家の娘の求婚者の器では無い!」

「今日お前に求婚者として訪れる若者はいずれもわが国でも有数の資産家の子息、それに匹敵する男でなければ認めるわけにはいかない!」

やはり父はアンドレを認めるつもりなど毛頭無いのだとオスカルは悲しい気持ちで聞いていた。

「あくまでアンドレを認める気は無いのですね・・」

「くどい!これはお前のためでもある」

「アンドレは・・・父上に言われ、私のために一流のアーティストになろうと努力してくれた・・・そして今度はせっかく手に入れたその地位も捨てようとしている」

「彼はあの容姿で女性ファンに愛されています、私がいると世間に知られれば離れていくファンも少なくは無いでしょうに」

「彼は人生の大事な時期を私のために注いでくれた・・・私は彼のその気持ちに答えたい」

「やつについて行っても後悔するだけだぞ、落ちぶれたアーティストの妻になど、贅沢に慣れているお前に貧しい暮らしなどできるものか!」

だがオスカルは冷静に答えた。

「出来ます・・」

「アンドレと一緒にいられるなら何でも出来ます」

「父上・・私を何処へにでもお捨て置きください・・・」

「何だと?」

「私はジャルジェ家の役にたたぬ娘・・だから、もう要らないでしょう?」

ジャルジェ卿は娘の意外な言葉に耳を疑った。

涙ながらにも真剣な眼差しで父に訴えてくる娘の姿は、もう以前の娘とは違っていた。

「どうか私を捨ててしまってください」

「アンドレがいないと・・生きていけない・・」

「私とアンドレはもう互いがいなければ生きていけないのですよ、だから彼と結ばれぬというなら、私はもうここにはいられない・・」

「父上にはこんな気持ちお分かりにならないでしょうが。・・」

「父上がどう思おうと彼は私が認めた求婚者です、受け入れられないなら私もパーティーには出ません!」

「!・・」

「彼は1年間私のために精一杯やってくれた!それを無にするなど父上でも許さない!」

「父上お願いです彼を、アンドレを生まれや育ちだけで判断せずに、透明なる瞳で彼自身を見つめてください」

「彼ほど思いやりにあふれ、私を愛してくれる男性は他にいない・・」


ジャルジェ卿は娘の変貌に驚くばかりだった。

今までオスカルがこのように父に逆らうなどありえなかったことだ。

それは確固たる気持ちの表れ・・

スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 5

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/25 (Thu) 23:44

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/26 (Fri) 09:25

うさぎ

No title

T様箱入り娘のオスカル様にとっては勇気の要る言動でした。

それでも彼の自分のための行動を無にするのは許しがたいこと。

なるほど、「貴方を愛することが私のプライド」って言い歌詞ですね、まさに今のオスカル様にピッタリ!

これでパパはアンドレのことぞんざいに扱えないはずです。

どっちにしても二人は別れる気は毛頭ありませんが。

気持ちよくパパの許しを得て結ばれるのか駆け落ちかが焦点になってきます。

2016/02/26 (Fri) 15:46

うさぎ

Re: こんばんは。

M様お久しぶりです!
毎日見に来てくれていたんですね♪

ショコラの24といえばパパが求婚者を集めてパーティー開くって言ったときですね。

M様多分せっかくお二人がいいムードだったのに!て怒ってくれたんですね。

今回オスカル様がパパに言いに行ったのは、パパがアンドレに手を出させないためです。

前回のことがあったから先手を打ったんです。


お嬢様だけどやるときはやるんです。

ショコラの幸福あらためて読んでくれて、いろいろ考えてくれたんですね。

アンドレが現代でも身分違いな設定になるのは、どうもアンドレが金持ちでオスカル様が貧乏なのがイメージしにくくて・・

結ばれるまで試練がかされるのは、愛し合う二人がいました毎日ラブラブです、ではぜんぜん物語にならないし、盛り上がらないんです。

辛いことがあるから結ばれたときの感動はひとしおだと思ってますし、辛いことがあったときの行動がより彼らの魅力を引き出せると思うんです。

しかしM様は本当にラブなお二人ファンですね、(笑)でも、少しはお二人にも甘い生活を楽しんでもらう、そういう話もいいかもですね♪

2016/02/26 (Fri) 16:00

うさぎ

Re: No title

N様オスカル様の愛する人を傷つけるのは許さないって行動良かったですか。

間違ったことが許せないオスカル様らしい行動だと思いますよね。

親に逆らったことが無い娘が始めて反抗したら、親としてはビックリです。

これはパパもうかつにアンドレに手を出せないでしょう。

これを成長と見るか、単なる反抗と見るかパパの真価が問われます。

オスカル様のドレス姿想像してくださいね、きっと綺麗です~♪(やはり皆さん思いますよね)

アンドレが婚約者になれるのかお楽しみに・・・♪

2016/02/26 (Fri) 16:07