FC2ブログ
うさぎ

再会の物語⑫

アンドレの自宅件職場であるアパルトマンに弁護士事務所から電話があった。

弁護士はロベスピエールと名乗り、彼は先日亡くなった名士アルフォンス・ジュベル氏の顧問弁護士だった。


ロベスピエールは重要な話があるので、ぜひ森にあるジュベルの屋敷までおいでください、と俺に告げた。

ジュベル家といえば、若くして亡くなった遠縁のセーラの嫁ぎ先だ。

俺はセーラの結婚式と葬式に顔を出したくらいの間柄なのに、何故?



いよいよこの日が来たのだ。

本物の彼に会える。

私はどれだけこの日を待っただろう、オスカルとアンドレの冒険を読みながら、本物の彼とはどのような男性だろうと何度想像をめぐらせたことか。

ばあやが言うには先ほど彼が屋敷に訪れたらしい。

マクシミリアンがいうには、最初彼が一人でアンドレに後見人の話をするという、そして話が終わった後に私と彼が会えるよう取り計らってくれるというのだ。

果たして彼は承知してくれるだろうか?・・・

マクシミリアンは彼が私の後見人となるのを反対していた。

アンドレをちゃんと説得してくれるのだろうか?


私はいてもたってもいられずに自分の部屋から出て、マクシミリアンと彼がいる客間へと向かった。

すると部屋の中からマクシミリアンと彼らしき人の声が聞こえたのだ。

マクシミリアンが彼を説得していた「アンドレ、貴方は小学生向きの童話作家でしたよね、フランシスは貴方の作品の大ファンでして、貴方以外はいやだと申されています」

彼が答える声が聞こえた。

「待ってください!俺は独身だし、男の俺に10歳の子供との暮らしは無理です!しかもジュベル氏とは2回あっただけの関係で!」

やはり彼は後見人を断るのだろうか?

私は黙っていられなくなり、そのまま部屋の中に入っていった。

「それは大丈夫だ、私は自分のことは自分で出来る、ばあやもいてくれるしな」

考えるより先に行動していた。

「君は?」

アンドレは突然現れた私に驚き、急いでマクシミリアンが私を彼に紹介してくれた。

「ああ、こちらが今のお話の本人であるフランシス・ジュベルです」


この子が・・フランシス・・


アンドレ!

初めて目の前で見る彼、黒い髪に黒い瞳、やさしげな面立ち、写真で見たとおりの彼がそこにいた。


初めて会った彼だが私は探していた人ににようやく会えたような懐かしい感情で胸が打ち震えた。


その後もマクシミリアンは私の後見人になる説得を試みてくれた。

だが、彼の様子を見れば、悩んでいるのがわかる。


私は、思わず口を挟んでしまった。

「私との生活は不満か?何故だ?」

「フランシス殿、アンドレにも都合というものがあるのですよ、」

「そうか、では仕方ない、しかしアンドレここはすぐに気に入るぞ、わたしが屋敷を案内してやる」


私はどれだけ彼を望んでいるのか知ってほしくなり彼の手を取り、屋敷を見せて回ることにした。

彼はいきなりの私の行動に驚いたが、それでも私の手を離すことなく戸惑いながらもついてきてくれた。


俺はフランシスの美しさに思わず眼を奪われてしまった。

これまで俺は女性に心を奪われたことが無い

それはたぶん両親の血を濃く引き継いだためだ。

生涯に一人しか愛せない、だから愛する人は一人だけ

その人はもうこの世にいない人だった。

だからどんな女性が現れても感じることが無かった、なのに何故かこの子を見たとき初めて心が動いた。


彼の手は大きくて暖かかった。

私はこれまで与えられた人生をただ受け入れるだけの人生だった

願ったところでいつも叶わないから

そんな私が どうか彼が私のもとに来てくれますように、と初めて願う


彼の黒い瞳を見たとき私の人生は今始まったのだとわかった


私はこの手を待っていたのだと、お前にわかってほしい!

私は私のアンドレを見つけた!



俺はフランシスと繋いだ手を見つめた。

夕暮れの森の中俺はオスカルと手をつないで歩いた。


幼い俺はこんな風にオスカルの手をしっかりと握っていたんだ。

決して離れぬように、いつまでも二人でいられますようにと願いながら。・・・

これは、夢の続き・・・?



アンドレ・・・やっと・・・会えた・・・

The End

再会の物語

スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 7

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/04 (Tue) 17:04

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/04 (Tue) 18:41

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/04 (Tue) 22:13

うさぎ

No title

T様満足できましたでしょうか?それなら良かったのですが。

T様は先読みが好きだからてっきりばれてるかと思ってました。

まったく新しい物語だと思ってたんですね。

このサイトを作ったばかりのときは、続き物など書くとは考えて無かったです。

でも、読んでくれた方々はその先のお話が気になってくれて、リクエストに答えたら結構増えてしまいましたね。

マイリトルレディも続きをリクエストされてましたし、でもこれは過去編ですが(笑)

2016/10/05 (Wed) 16:55

うさぎ

Re: No title

N様、最後は出会ってオスカルがアンドレをつれて屋敷を案内するところで終わりです。

これからが二人の恋物語「マイリトルレディ」になるんです。

別のお話だと思っていたのにいきなり「リトルマイレディ」になったのって違和感無かったでしょうか?

それが悩んだところです。

イラスト、もちろん18世紀のオスカル様です(笑)

再会の物語のヒロインは18世紀のオスカル様ですからね。



2016/10/05 (Wed) 17:10

うさぎ

Re: な、なんと!

MI様、なんとって私もよく使う描写ですわ(古い人間なんです)

前々回まで見ると、この先のアンドレは孤独に生きるのかなって思いますよね。

どう考えても、オスカル様がいないアンドレは不幸せそう。・・・

ここまで哀しいシーンてんこ盛りで、いきなりおかしくはないか悩みました。

でもオスカル様がこの世に転生している時点でアンドレの不幸せ度がなくなるから仕方ないことです。

こうなると予想された方とまったく予想していない方とは半分くらいに分かれてますね。

私はばれてるかなって思ってました。

色鉛筆か水彩画のようなお話だなんて、すごいほめてくださって感動の嵐です。

18世紀のオスカル様はこの世にはもういない人だからよけい神秘さが増すんでしょう。

マイリトルレディとセットでお気に入り登録してもらえてうれしいです、苦労して完成させた甲斐がありました。

イラストほめてくれてうれしいです。

生まれも姿も変わってしまいましたが、ようやく出会えた二人です。

最後のイラストには18世紀のオスカル様がふさわしいかと思いました。



2016/10/05 (Wed) 17:32

うさぎ

Re: タイトルなし

L様もびっくりしてくれたんですね!

私はばれてるかなってあきらめてたんですよ。

この再会の物語を思いついてすぐに、「マイリトルレディ」へとつなげようと考え付きました。

15歳差を利用しない手はないですし、それに「マイリトルレディ」の一話目を読んだ方が、まるでアンドレの願いでアンドレが寂しく最後を送った屋敷のようだといってくれました。

それなら、再会の物語の最初の葬儀のシーンもそのように思ってもらえるかもしれない、あの寂しげな始まりで、つまり、これはマイリトルレディーなのだとの伏線のつもりでした。(これは勝手に思ってただけです)

でも再会の物語の意味をL様は読み解いてくれましたね、これには私のほうが脱帽です。

見る人によって見解が変わる作品にしたいと思いました、でもお話の根底にあるのはオスカル様がアンドレに会いたい、その気持ちが運命をつくり、最終的に自分たちを出会わせるきっかけを作ったのです。

イラスト、気に入ってもらえましたか!

良かった~!実は・・・ペンタブ買ってしまいました。

といっても機能のほとんど使いこなせていませんが・・・実際に書いたのを写真にとって改めて修正したり色塗りしただけです。

それでも苦労しました、やはり色を塗るのって大変です。

でも、自分の力で描けるように少しずつ、自分の画力で書けるところは書くようにしていってます。

今回のアンドレにいたってはすべて私自身で書きました、だからほめられてうれしいっ!

いつも丁寧なコメントありがとうございます。







2016/10/05 (Wed) 18:04