FC2ブログ
うさぎ

恋しい婚約者殿⑤

翌朝アンドレはワインとバラを積み込んだ荷馬車ともう一台自分が乗る用の馬車の前に立ち、パリに旅立とうとしていた。

おばあ様とロザリーはこのような旅立ちは慣れているようで笑顔で行ってらっしゃい、と見送っている。

オスカルは、というと。

おばあ様とロザリーの横で沈んだ顔をしてその場にいた。

「では、おばあちゃん、ロザリー元気にしててくれ」

「もちろんよ、安心してちょうだい」

アンドレはおばあ様とロザリーに行ってくるの言葉を告げた後、オスカルの側に来た。

おばあ様とロザリーは気を利かせて二人から離れて荷馬車のほうに行ってしまった。


「行ってくるよ、すぐ戻るから,仕事が上手くいくよう祈っていてくれ」

オスカルは声をかけられてすぐに顔を上げ、手に持っていたものをアンドレの手に渡した。

「これは?」

それは銀の十字架の首飾りだった。

「私が普段つけている十字架だ、これをもっていってほしい、私だと思って」

「気をつけてな・・」

アンドレを見つめるオスカルの顔は今にも泣き出しそうな顔だ。

「ありがとう、お前だと思って大事につけておくよ」

アンドレは受け取った十字架を首にかけて服の中にしまいこんだ。

オスカルはアンドレが馬車に乗り込む前に伝えようと焦っていった。

「そ、それと・・絶対に元気で戻ってくるのだぞ、パリはここよりずっと危険な場所だ」

「わかった、気をつけるよ」

「本当はお前を一人で行かせるなど心配なのだ、事故にあったり迷子になることだってある」

「子供じゃないんだから大丈夫だよ」

「何があっても戻ってくるのだぞ、這ってでも生きて帰って来い」

「私を置いて逝くな・・」

「わかってるよ、パリに行くだけなのに、なんでそんなに大げさに心配してるんだ?」

やけにアンドレの身を案じるオスカルを不思議に思った。

オスカルは夕べの気づいた不安を思い切ってアンドレに話してみた。

「だって・・・」

「だって、私達はまだ婚約もしていない間柄だ」

「もし・・お前の身に何かあったとしても・・」

「私はお前の未亡人にもなれないではないか!」

あまりに突拍子の無いオスカルの台詞にアンドレは言葉が出なくなってしまった。

だがオスカルは見るからに真剣そのものだ。

「・・そう思ったら堪らなく哀しくなってしまった」

「私はお前に何かあったとしてもお前の妻でいたいんだ」

「だから・・絶対に無事に戻ってきて・・」

悩みの方向性がおかしい気がしながらもアンドレは涙ながらに自分の身を案じるオスカルの姿に胸を打たれてしまった

オスカルはそんなことまで心配していたんだ・・

こんなにもオスカルに愛されているのだとわかる。

思わず覆いかぶさるように強く抱きしめた。

「お前にこんなに愛されるなど俺は世界一幸せな男だ」

「必ず元気にお前の許に戻ると約束するよ」

そしてオスカルの耳元で小さな声で伝えた。

「戻ってきて、また愛し合えるのを楽しみに行って来る」

「まだお前を一度しか抱いていないしな」


その言葉でオスカルは耳まで赤くなってしまった。

「バッバカ!こんな明るいところで!」

焦ってしまいうまく言葉に出来なかったが、そのお陰で涙が止まった。

そして元気も出てきた自分に気が付いた。

ああ、アンドレ

やはりお前には叶わないな・・


しかし、いつまでも名残を惜しんでいる暇は無い。

時間は刻々と過ぎていくのだから

「では、行ってくる」

旅立ちの言葉を告げて馬車に乗り込んでいく。

馬車に乗り込むと窓から顔を出して手を振った。

おばあ様もロザリーも手を振り見送る

オスカルも急いで手をふるのだが、馬車はすぐに走り出し、アンドレの姿はすぐに見えなくなっていく。

土煙を上げて遠ざかっていく馬車をオスカルは見えなくなるまで見送っていた。


行ってしまった・・


主よ・・どうか彼をアンドレを守りたまえ

彼が無事に戻ってきますように

彼の仕事が上手く行きますように

そして願わくばどんな女性の誘惑をも受けることなく私の許に戻したまえ

スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 2

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/13 (Mon) 19:54

うさぎ

Re: 妄想が。。

TM様、こんにちは。

オスカル様、だんだんと女子力が高まってるようで見た目や言葉使いは今までと同じですが、内面の女らしさは高まりつつあります。

それもTM様のおっしゃるとおり、内に秘めていたものがあふれ出したとしか言いようがない。

しかしTM様妄想溢れかえってますね、TM様の妄想を物語りにすれば、どれも大事件になりそう!

私は意外と地味な発想しか出来ないのですよ~、(それというのもあんまり風呂敷広げると、後どうやってまとめるかが思いつかないから)

というわけで、残されたオスカル様は地味にすごすしかないんです。

これも修行だと思って(笑)

誘惑の撃退法は、後のお楽しみです♪

2017/03/14 (Tue) 16:21