FC2ブログ
うさぎ

夢見るロザリー⑮

「原因は不明だが、医師の見立てによると脳の深い位置にある視神経がやられている可能性が高いといわれた」

「今はまだ何とか見えているがいずれ両目とも見えなくなる、いくつもの病院で見てもらったが結果は同じだった」

「俺はもうすぐ盲目になる」

「だから・・・オスカルにはいわないでくれ」

アンドレはオスカル様に言わないよう必死で私に伝えてきました。

「どうしてなの?・・・どうしてオスカル様に言ってはいけないの?」

アンドレの眼が見えなくなる!その事実を知った私はそのままにしてはおけない気持ちでした。

けれど、アンドレの決意は固く、必死で私を説得しようとするのです。

「駄目だ!オスカルには、オスカルにだけは言うな」

「俺が盲目になると知ればオスカルのことだ、あいつは決して俺を見捨てたりなどしない、ずっと側についていて一生俺の面倒を見るだろう」

「だって・・オスカル様と貴方は家族じゃない」

「あいつは俺と赤の他人だ、血の繋がりなど無いんだ!」

「でも・・」

「眼の見えない俺をあいつに縛り付けるわけにはいかないんだよ」

「オスカルなら、あいつならどんな夢も果たせる、それを邪魔するなど俺には絶対に出来ない!」


確かにアンドレの言うとおりオスカル様ならアンドレを見捨てたりはしないでしょう。

あのオスカル様なら。・・

「でも、アンドレオスカル様は貴方を愛しているのよ」

私のこの言葉にアンドレは悲しそうな顔で答えました。


「だからこそ、俺をあきらめて他の男を好きにならなくちゃいけないんだ」

「俺を嫌いになって、他の誰かにあいつを幸せにしてもらう」


アンドレの言葉を聞いて私は気づいたのです、アンドレの変わったわけが

「だから、複数の女性と付き合ったの?わざとオスカル様に嫌われるために?」


「そうだ、そして俺はオスカルの目の前から消える、そうすればいずれオスカルは俺のことなど忘れるだろう」

オスカル様に嫌われた上で、目の前からも消える?アンドレはそこまで考えていたの?

「そんな・・」

「ロザリー、考えてくれ、盲目の俺を一生オスカルに面倒見させるのか?」

「オスカルはいつもみんなの憧れで俺の誇りだった」

「そんなあいつに俺の不幸を背負わせるわけには行かないんだよ」

アンドレの気持ちは理解できます、これまで大事に守ってきたオスカル様を犠牲にしたくは無いという彼の心情は・・・でも

「アンドレ、それでいいの?貴方だけ、こんなに傷ついて」

「どうしてそこまでオスカル様のことを・・・?」

私の問いにアンドレは寂しそうに笑いました。


「俺が初めてオスカルと出逢ったのは、オスカルの父と俺の母との再婚が決まってお互いを紹介されたときだった」

「新しい母と新しい兄になる俺を前に不安そうにしていた女の子、その顔がいじらしくて仲良くしようって声をかけたら、その子は緊張が解けたように俺に笑顔を向けた。」

「その瞬間、俺は生涯かけて守るべき相手を見つけたんだ」

「見た目より正義感が強くていじめっ子がいると相手が年上でも立ち向かっていくから俺はいつも護衛役だ」

「俺のお姫様は、お転婆で気が強くて、お陰で俺はお付きの者で、それなのに俺がいないと探し回り、泣きべそをかくんだ」

「しばらくして俺が戻ってくると、どこへ行ってたんだって泣き顔で怒ってくる。」

「だけど、その後は俺の側を離れようとはしない、俺はそんなオスカルが愛しくてたまらなかった。」

「誰よりも美しくて心優しいあいつは・・オスカルは、俺のかけがえのない宝だ」

「そのオスカルを、俺自身が不幸にするわけにいかない」

「だから・・・オスカルには言わないでくれ」

「お願いだ、ロザリー、どうかオスカルには言わないでくれ」

オスカル様に言わないでほしいと懸命に願う彼の姿に私は胸を打たれ返す言葉がありません。


自分の不幸よりもオスカル様の幸せを優先させるアンドレ

彼は、どれだけオスカル様を愛せるのか・・

こんなにも、誰かを愛することって出来るのでしょうか?


そして哀しそうな顔で続けました。

「それに・・もしもこのまま、オスカルの側にいたとしても」

「盲目で何もしてやれない、オスカルを見つめてやることも出来ない俺のことなど」

「きっと・・いつか嫌になる」

「だから、このまま何も知らずに別れて行く方が幸せなんだ」

その時アンドレは知っていたのでしょうか?

こんなに辛く哀しい顔をしていることを

私はこんなにも哀しい顔をした人を見たことがありません。


「子供の頃は、良かった・・・」


「オスカルといつまでも一緒にいるって何の疑いも知らずに・・」

「俺はオスカルのもので、オスカルは俺のものだと信じられた」

「いつまでも、あの頃のままでいたかった」

「あのまま時が止まってしまえば良かったのに!」


アンドレの言葉は私の胸を打ち、もう何も言うことはできませんでした。

アンドレの哀しみが伝わってくる

アンドレの苦しみ

アンドレの涙


私はアンドレがうらやましかった。

オスカル様の側に常にいることを許され、いつか結ばれることも出来るアンドレが

けど、私の目の前の彼はあまりにも辛くて哀しくて・・・


その時私に出来たのは彼のために泣くことだけでした。


神様は、意地悪です。

こんな不幸が無ければ、二人は間違いなく結ばれるのに

結ばれて、最高に幸せな二人になれるのに


あまりにも・・残酷すぎます!

スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 10

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/07 (Fri) 18:36

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/08 (Sat) 00:20

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/08 (Sat) 06:36

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/08 (Sat) 07:03

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/08 (Sat) 10:07

うさぎ

Re: No title

AN様前回もかなり哀しい回でしたが、今回さらに上を行く哀しさにしました。(予想してたとは思いますが)

アンドレの慟哭のような告白ですか、まさにその通りです。

アンドレは哀しみが深いほどかっこいいのが辛いところでもある。

でも、それはオスカル様を愛するからこその苦しみならば、よけいにカッコいい!

こんなの聞かされたら、ロザリーも何もいえなくなるのは当然かと。・・・

今回はベルナールがロザリーの心を癒します。

2017/07/08 (Sat) 14:04

うさぎ

Re: アンドレ…

MI様ロザリーとアンドレのシーンドラマチックでしたか?(良かった!うれしい!)

そうですね、二人とも苦労性だし、支える役割だから常に耐えてる気がする。

MI様はいつもアンドレの激白シーンに感じ入ってくれて感謝です!

いつもアンドレがかっこよく言葉にするのを思い浮かべながら(それもオスカル様のための思い悩んでるアンドレを)作成してますから、MI様のように注目してくれるの本当にうれしいです♪



2017/07/08 (Sat) 14:11

うさぎ

Re: タイトルなし

KO様お芝居見ているみたいでしたか、こういう嘆きのシーンってアンドレ似合いますね。

お嬢様にスマホ撮り見せるは、見ると感動するかもしれませんが、反対に怒るかも・・

KO様、すらすら書けるところって、ほとんど無いです。

ただ、何度も見直していくたびに、ここはこんなセリフを入れたほうが生きるかも。

その繰り返しで、出来た瞬間が最高の喜びなんです。

だから、出来たの読み直したら、泣ける泣ける(今回のは特に泣きました)

苦労したこともそうですが、ああ、アンドレかわいそうって自分で書いておきながら泣いてます(変なんです)

2017/07/08 (Sat) 14:19

うさぎ

Re: No title

N様またもや泣いていただいて感激です。

アンドレの愛伝わったようでそれもうれしいです。

そうですね、アンドレの行動、一見逃げるように見えますが、オスカル様に不幸を背負わせたくない、愛する人の幸せを願うからこその行動です。

N様いつもいつもこちらの真意を汲み取っていただきありがとうございます。

アンドレが相談できるのは実の母ですが、そのシーンは「夢であえたら」で紹介できましたね。

今回はロザリーのその後の心境です。

彼女の心を癒すのは、やはりベルナールです。

2017/07/08 (Sat) 14:28

うさぎ

Re: アンドレの哀しさ。。

TM様、こんにちは。

本当にどこまでオスカル様のこと愛せるんでしょうねアンドレは。

そうです、幼い頃から一緒に育った二人だから、お互いの長所も短所もわかりつくしている。

その上で、この人しかいないと見つめてきた彼女を、自分自身が不幸にするなど出来るわけがない。

そして何より、盲目になった自分をオスカル様は嫌になるかもしれない恐怖もあるんです。

彼は男だから、よけいに何も出来ない自分が辛いし、足手まといになるのが我慢できない。

TM様、アンドレの男性の本物の愛を、ロザリーは、初めて直接見て太刀打ちできない、と感じたのをわかってくださって感激です。

しかも、二人の仲を直接見る機会があったロザリーは、アンドレに嫉妬までしてたけど、アンドレの愛を見ると、彼ならオスカル様を幸せにしてくれると、認めてもいたのです。

でも、今回さらに自分との想いの開きに驚愕し、これほどの想いを持つ彼が、結ばれないなんて!ロザリーはそのことも含めてショックを受けました。

秘密が盲目になる、ですから、重いですね。

自分だけでなく回りも大変になるのは想像が付きます、オスカル様は家族で一緒に暮らしているし、恋人になれば、苦労は尽きないのです。

それを考えてのアンドレの行動は理解できると思います。

でも、TM様のいうとおり、間に挟まれて辛いのはロザリーですね。

オスカル様の辛いのもアンドレの辛さもわかる。

そこに登場は、やはりベルナールでした。

どこか的が外れた彼の優しさはロザリーにとっては効果があるんです。

今回も少しベルナールを見直してやってください(笑)





2017/07/08 (Sat) 14:53