FC2ブログ
うさぎ

夢見るロザリー⑱

オスカル様をベルナールに合わせる場所は、いつもの「ジャルダン・ヴェール」でした。

「オスカル様、こちらはベルナールです、ベルナールこちらの方がオスカル様よ」

「よろしくベルナールだ」

「こちらこそよろしくオスカルです」

紹介した後でベルナールは思いついたことを口にしました。

「あの、オスカルってもしかしてアンドレの恋人?」

「アンドレを・・知っているのか?」

私は急いで説明をしました。

「ベルナール、オスカル様はアンドレの妹さんなの」

「オスカル様、ベルナールはアンドレと同じパトリック大学の一年生で、友達でもあったの」

「アンドレの・・・友達?」

オスカル様はベルナールがアンドレの友達だと聞き、驚きましたが、ベルナールのほうはオスカル様がアンドレの妹と知り、いきなり気楽になったのか多くを語り始めました。

「そうか、アンドレの妹なのか」

「そういえばロザリーがアンドレの妹と友達だって言ってたけど君のことか!」

「ドイツに留学って聞いたときは驚いたよ、だって何も聞かされてなかったから、」

「大学で知り合って、たくさんの女と付き合うんでどんな女たらしかと思ったが、すごく真面目だし、女とも一度付き合ったらもう二度と会わないって有名だった」

「振られた女も彼は一緒にいても何処かつまらなそうで、なんだか無理にプレーボーイを気取ってるみたいだったって言ってたな」

「それに君達って本当に兄妹?ぜんぜん似てないけど」

「ベルナール、オスカル様とアンドレは血がつながっていないの、だから好きあってもおかしくないのよ」

ついお二人のことを言葉にしてしまいました、だってそれは真実なのだから。

「ロザリー、私達は好きあってなどいない」

「だけど、彼は君が好きだったと思うよ、一緒に飲みにいったとき、悪酔いして何度も「オスカル」て名前を呼んでたから、彼女の名前かと思ってた」

オスカル様はその時、一瞬顔色を変えました。

まさかベルナールの口からこんな話が出てくるとは・・・

アンドレを忘れようとしていたオスカル様の心を辛くさせてしまったのでしょうか・・・

けどその後はいつものとおりのオスカル様でした。


「いい人に出会えて良かったね、ロザリーを大事にしてくれそうな人で安心したよ」

その時オスカル様は笑って祝福してくれました。

久しぶりに見るオスカル様の笑顔にほっと胸をなでおろしたのです。

うれしくて何処か寂しいオスカル様からの祝福の言葉。

きっといつかその言葉に本当の笑顔で答えられる。


次の日の朝早くにオスカル様がうちに尋ねてきました。

まだ学校へ行くには早い時間でしかもオスカル様はスーツケースを持って旅に出るような姿でした。

「ロザリー、こんな朝早くに申し訳ない」

「どうしたんですか?」

「しばらく学校を休むことになる、心配かけぬようロザリーには伝えておこうと思って」

オスカル様がしばらく学校を休む?一体何が?

「一体何があったんですか?」

様子を見る限りではどことなくうれしそうにさえ見えます。

その訳は驚くべきことでした。

「ドイツに行く、アンドレを、迎えに」

「アンドレを?」

「彼、ドイツの病院にいるんだ」

「彼は、私を愛しくれていたんだよ」


「私のことを一杯書き込んだノートを見つけた、アンドレは眼を悪くしていて、私を巻き込まないように秘密にしていたんだ」

「アンドレは、バカだ、たった一人で苦しんで」

泣き声で語るオスカル様の言葉を聴きながら私はオスカル様にとって果たして真実を知ってしまったことが幸せなのかが疑問でした。

オスカル様は何もかもを知ってしまった。

アンドレの心もアンドレの愛も。・・

だけど・・・オスカル様はアンドレの眼がもう完全に見えなくなることを知っているの?

多分、彼はもうオスカル様の顔も見えないはず、その彼に会ってしまって本当に幸せになれるの?、お互い傷つきあうのでは・・・


「オスカル様、アンドレの眼が見えないのを知っていますか?」


私はずっと言いたかった残酷な事実を口にしました。

「もう彼は多分オスカル様を見ることは出来ません」

「それでも変わらぬ愛を誓えますか?」


「ロザリー! 君は何故アンドレの眼のことを知っている?」

いきなりの私の言葉にオスカル様は驚愕しました。

驚くのは無理もありません、まさか私が知っているなど思っても見なかったでしょう。

「すみません、私、アンドレが病院から出てくるのを見てしまい、オスカル様に言わないことを条件に彼から秘密を聞き出したんです」

たとえオスカル様に嫌われても、これだけは聞いておきたかった。


オスカル様、アンドレの愛に答えられるだけの想いが貴方にありますか?

一生眼の見えない彼を愛し続けることが出来ますか?

スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 10

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/10 (Mon) 20:05

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/10 (Mon) 20:39

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/11 (Tue) 08:26

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/11 (Tue) 08:59

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/11 (Tue) 11:53

うさぎ

Re: タイトルなし

KO様、すごいピッタリな説明ありがとうございます。

お嬢様の恋を思えばこそロザリーは残酷な言葉を告げました。

これまで決してオスカル様に逆らうなどなかったロザリーが初めて傷つけるような言葉を放ったのです。

ロザちゃん成長の証です。

ベルちゃんは、物事深く考えてないキャラなのが幸いしました。

しかし、そうですね、これが普通なんですよね、アンドレやオスカル様が特別なのであって、決してベルナールが駄目なわけではないんです。

終わりが近づくと私も寂しいです~。

2017/07/11 (Tue) 15:55

うさぎ

Re: No title

AN様、もう予想なさってますね、オスカル様の答えを。

オスカル様思ってもいない相手からの詰問に動揺しましたが、それはやはりオスカル様なのです。

お二人の愛って強すぎるから、運命の神様に試されてしまう。

けど、それに打ち勝つお二人の愛が萌えるんですよ。

夢ロス私も心配です。

いつも励ましありがとうございます。

2017/07/11 (Tue) 15:59

うさぎ

Re: No title

N様アンドレの真実を知ってしまったからには、一刻だってじっとしてられないオスカル様なんです。

でもここにきて、まさかのロザリーの詰問ともいえる質問にあっけに取られますが。

ロザリーは、アンドレの哀しみをじかに見ているし、彼の言っていることも理解できました。

オスカル様を幸せに出来ない自分が身を引くことで自由にする、そしていつか心が離れていく恐怖を理解しました。

ロザリーの質問は、決して眼をそらしてはいけない事実。

オスカル様はロザリーの不安を払拭できるのか?

これが出来なければオスカル様はアンドレを取り戻せていないでしょう(笑)

2017/07/11 (Tue) 16:12

うさぎ

Re: ベルナールでかした!

TM様、ベルナールが何にも考えずにアンドレの本心をバラす、あのシーンは、こんな流れでした。

今回ロザリーは二人の大事な場面の証人となりました。

お二人のデート(?)についていき、お二人の絆を知る、アンドレの眼の失明を知る、そして今回オスカル様がアンドレを連れ戻す場面です。

ロザリーはお二人の結びつきも悲しい別れも全て知ってしまったゆえに、もはや他人事ではなくなりました。(オスカル様が悩んでる時点で他人事には思えませんが)

それにアンドレの失明とあまりにも大きすぎる不幸。

盲目の彼を生涯愛し続けられるのか?、途中でいやになったとしたら、彼は今よりもっと傷つく。

だからこそ、ロザリーはあれほど慕っているオスカル様に逆らうような言葉を告げました。

嫌われても二人のために言うべきだと、これも彼女なりの愛情の形です。

その辺はTM様理解してくれていますね、盲目の恋人に一生付き添う覚悟がどんなものかを。

そうです、「ロザリーの夢」でオスカル様泣き言言ってましたね、「ロザリーはベルナールに見つめてもらえる」って。

恋人に見てもらえないのを悲しいと思うのは当然です。

それでも側にいたいし、一緒にいるのが幸せって思えるのが人間の強い愛なんですね。

TM様ほんとにベルナールにどんどん甘くなってます。

TM様もベルナールに母性本能刺激されてるようでそれが可愛くて面白くて、やはり「ぷぷぷ」ってなってしまいます。

ロザリーとベルナール、オスカルアンドレみたいな完璧ではないけど、何処かずっこけた二人は今回のお話で他の方からも応援されるカップルとなりました。

今回は、みなさんだいたいわかってると思いますが、それでもオスカル様が何と答えるのを見守っていてください。






2017/07/11 (Tue) 16:37

うさぎ

Re: もう、かわいいだけじゃないロザリー

MI様そうです、もうかわいいだけのロザリーじゃない、その通りです。

ベルナール、何にも考えずに発言してますが、好感度あがるなんてラッキーなやつです。

恋愛に不器用だからロザリーに対してもストレートすぎるベルナールです。

学校の門で待ち伏せする、しかも約束もなしで行き当たりばったりで。

ロザリーがこけるとおんぶ、(オスカル様は手を差し伸べてそのままつないでくれるスマートさなのに)

ロザリーが落ち込んでるから山登りに誘う(初めてのデートのさそいにしてはロマンのかけらもない)

ロザリーのためにアンドレに話しかける、しかもその後友達になって飲みにまでいき、彼と付き合ってた女の子にまでアンドレの動向を聞き出す。

こうして並べてみると彼のしたことは涙ぐましいですね。

このへんが母性本能刺激して株が急上昇したのでしょうか?

今回大事な場面なのに、何故かベルナールの話になってしまいました。

それだけ今回の彼は活躍したのでしょう。

でも本当に大事なのはオスカル様の心がどのようなものかです。





2017/07/11 (Tue) 16:50