FC2ブログ
うさぎ

「夢見るロザリー」無事終わりました

「夢見るロザリー」無事終えることが出来ました。

これは「夢であえたら」のロザリー目線のお話です。

オスカル様とロザリーとの出会いから、ロザリーがオスカル様を夢の王子様ではなくお姫様だと認識するまでを描いています。

憧れの学園に入ったものの、いじめられてしまったロザリーを助けてくれたのは、まるで夢の王子様のように素敵な人。

出会うたびに素敵なときめきをくれて、憂鬱だった学園生活をバラ色にしてくれた人。

でも、恋した人は女性だったのです。

しかもロザリーの恋にははじめからかなわない相手がいる、義理の兄のアンドレとオスカル様は想いあっている。

二人と過ごしていくうちに気がついていき、いつか二人が結ばれれば恋が終わるとあきらめていくのです。

だけど、オスカル様とアンドレの恋は雲行きが怪しくなっていき、アンドレが変わったわけが失明するからだとロザリーは偶然知り、二人のためを思えばこそ言わない決意をします。

その間、偶然であったベルナールから好意を受けて、彼によって慰められ、心惹かれていきますが。

アンドレはその後ドイツへ、オスカル様は彼の本心を知らず、一人耐える日々。

けれど、交際を承知し、初恋に別れを告げるためにベルナールを紹介したことから、オスカル様の心が再び動きます。

今回の「夢見るロザリー」はロザリーが主役なため、お二人が出ない場面も結構あって退屈に思える場面もあったかと思います。

けれど、ロザリー視点だからこそ、アンドレの嘆きもオスカル様の決意もはっきりと描けるのに気づき書く決意をしました。

そしてオスカル・アンドレのカップルとロザリー・ベルナールのもう一組のカップルを描けることも。

ただ、この二人に萌えを期待するのは無理と考え、ベルナールは朴訥な母親思い(マザコンともいう)な青年の設定で。

大食いだし、学校の門のところでひたすら待つし、オスカル様は手を引いてくれるスマートさなのにベルナールはおんぶだし、初めてのデートは山登り。

ロマンチックのかけらも無い彼です。

ロザリーの理想の夢の王子様とはだいぶんかけ離れているけど、それでも一生懸命な彼の優しさが伝わってくる。

オスカル・アンドレの完璧にカッコいいカップルと違い、ちょっと面白くていいカップルを目指しました。

この物語はオスカル様に初恋をして、オスカル・アンドレによって真実の愛を知り、恋が終わり、ベルナールと出会い、新たな恋に向かうロザリーの成長物語です。

たまにはこういう物語も良いのではないでしょうか。

夢見る

夢見る

いつもありがとうございます。

うさぎ
スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 10

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/14 (Fri) 20:58

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/14 (Fri) 23:32

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/15 (Sat) 02:05

うさぎ

Re: No title

AN様、こんないつもと違う感じでも良かったといってもらえて感激です。

お二人のファンならば、当然お二人のどちらかが主役かつ目線でなければ楽しめないのは承知の上でしたから。

今回のお話は以前の「夢であえたら」の語ってない部分の補足でもありました。

だって最初からアンドレが冷たくなってて、オスカル様の悩みから始まっていました。

だから、アンドレがどんな兄だったか具体的にはわかっていなかったですよね。

ここから描いていけば、過去の足りない部分を補足できるみたいで面白いと思ったんです。

それをわかっていただけてとてもうれしい♪

イラスト、もう少し時間をかけたかったのですが、あっという間に最終回を迎え、最後の仕上げはかなり急がないと駄目で。

これでいいのか悩みながらのアップです。

それでも良いといっていただけたので満足です。

AN様いつも暖かいコメントありがとうございました!

2017/07/15 (Sat) 13:56

うさぎ

Re: ロザリー目線ならでは!

TM様こんにちは。

おお!ダウンロードできたのですね、よかったよかった!(あんなド素人の絵をありがとうございます)

そうなんです、ロザリー目線だからこそ語れるお二人の世界もあるんです。

テニスのバックハンドの練習の話やその後の様子に注目してくれて最高にうれしいです!

ここはオスカル様が普段どおりに過ごしてはいるけど、アンドレのことを忘れていないのをわかってくれるなんて。

オスカル様は王子様ではなくお姫様、ベルナールからすれば、オスカルは女なんだろ、な思いで言った一言ですが、ロザリーにすれば、その一言でああ、あの方は見た目と違って実に女らしい人だったんだ、だからこそ自分を思いやってくれた、アンドレへの愛も女性だからこその強さなんだ、と気づいたんです。

最近思うのですが私の紡ぐ物語は、もう主役以外は原作の話とは全く違っていますよね。

それでも良いといってくださるからやっていけるのです。

それにオスカル・アンドレが好きで幸せな話が見たいのなら、ずっとラブラブで幸せな情景ばかり描いていけばよいのですが、それだとお話として成立しないので、いつもいろいろと苦労を入れてしまいます。

それにも何も言わずに見守っていてくれることにも感謝です。

TM様いつも本当に丁寧なコメントしてくださってありがとうございます。

申し訳なくもありがたく思っています、(疲れてるときなどは短くしてもいいんですよ)

またお会いできればうれしいです。



2017/07/15 (Sat) 14:17

うさぎ

Re: No title

YA様今回はラブラブ無しだと胸に言い聞かせてくれたのですね、ありがとうございます。

今回のお話は「夢であえたら」の語ってない部分を描いた物語になりました。

それとともにロザリーの青春物語、かな。

そうですねこの後「夢のラストダンス」につながるわけです「ロザリーの夢」もそうですが(笑)

おおYA様12日お誕生日でしたか、おめでとうございます!

アンドレの帰還祝いのパーティーの日と同じとは偶然とはいえ、おめでたいです!

体調を心配していただきありがとうございます。

YA様もご自愛ください。

またお会いできますように。

2017/07/15 (Sat) 14:31

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/17 (Mon) 09:40

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/17 (Mon) 09:42

うさぎ

Re: No title

M・A様「夢見るロザリー」、見ていただいてありがとうございます。

夢シリーズはアンドレが失明した話ですから現代版としてはかなり辛いです。

ですから、二人は現実の世界ではお互いを見れないけど、夢の世界なら見ることが出来る。

夢の中だけが二人が満足に愛し合える世界なら、歌のとおり、夢の中こそが現実なんだってのがアンドレの気持ちでした。

それをわかってもらえてうれしいです♪

ダンスパーティーシーン、私も好きです。

アンドレってオスカル様のいうこと何でも聞くようで、その中にはちゃんと自分の意見も入ってるところが魅力的です。

このシーンでもちゃんとお仕置きしたんです、何でも自分の思い通りになると思ったら大間違いだって。

少し意地悪ですかね。





2017/07/17 (Mon) 14:20

うさぎ

Re: No title

N様こんにちは、体調は良いですよ、ご心配ありがとうございます、N様も体調管理してくださいね。

この時期忙しい方が多いでしょうね。

そうなんです、ロザリーようやく夢の王子様から卒業です。

そして新たな恋に向かっていく。

最後は二組のカップルのそれぞれを描きました。

N様夢シリーズこんな感じでもいいでしょうか?

今度描くとすればもちろんお二人が主役ですが、え~、ロザリーやベルナールのおっちょこちょいな二人も見たいですか?

(またロザリーの夢になってしまう)

いつもと違う視点でなれなかったと思われますが、それでも良かったといってもらえて感激です。

ありがとうございます。

2017/07/17 (Mon) 14:29