FC2ブログ
うさぎ

真実の恋人35

オスカルは教会に来ていた。

アンドレが住む街の小さな教会に、今日も祈りにやってきていた。

自分の祈りが聞き届けられた、そのお礼の意味でもある。

オスカルの心は不思議なほど静かで安らいでいた。

それは、悲しみと喜びが混ざり合った切ない感動。

今は神に感謝したい、それだけが頭の中を支配している。

いつものようにマリア像の前でひざまずき両手を組んで祈りを捧げた。


神よ、お礼を申し上げます

私の願いを叶えてくれたこと

私の愛する人の夢をよみがえらせてくれた事

これで彼はまた夢を追いかけていける

感謝いたします 神よ


そしてあらためてマリア像を見つめる

マリア像は安らかで満足そうな微笑をたたえている

オスカルはふっと笑い思った。

今、私はこのように満足げな顔をしているかもしれないな


私は 幸せだ

こんなにも人を愛せたのだから


アンドレ、お前は私に愛を教えてくれた。


私は 愛した


誰よりも、この世の何よりも、ひたすらお前を愛した。


私の幸せも希望も失っていいくらいに


私の身も心も全てを捧げるほどに


あふれ出る想いは波のごとくお前に向かって突き進んでいった


誰にも知られることなく、信じてもらえなくとも、


私はこの身を焦がすほどにお前を愛しつくした


そしてお前も自分の持てる全ての愛を私に与えてくれた


それはこの世でたったひとつの愛だ

私達は、真実の恋人だった


だから 悔いはないんだよ、アンドレ


その眼には涙が溢れ出ていた。

再び台の上で両手を組んで祈りを捧げた。



アンドレは教会の聖堂を訪れた。


中には、一人の人がいるだけでほかは誰もいない。

その人が誰かアンドレにはもうわかっていた。

長い金色の髪を背中にたらしその人は祈りを捧げているところだ。



アンドレは足早く近づき到達した瞬間に声をかけた。

「オスカル」

その声は!

まさか・・

オスカルは急いで振り向いた。

その瞬間時が止まったかのように動けなくなった。


あれほど会いたかった彼がそこにいる

まるで神が奇跡を起こしてくれたかのようだ

「どうして?」

自然と涙が流れていく。

その涙を見つめアンドレは

オスカル、お前はこのように何度涙したんだろう

誰にもいえない悲しみを抱えて、たった一人で耐えていたんだ

もう一人になんかしない、二度と離さない


愛しさが募り、彼女を引き寄せ、そのまま抱きしめていた。


「コンクールに受賞した」

「お前のお陰だ」

「俺のためなんだろう?あんなことを言ったのは」


彼は気づいていた、私の嘘を!

しかし、ここで私が本音を見せたらまた迷惑がかかる

「違う・・違う、私はそんな・・」

しかし涙でうまく言葉が出てこない


「わかってるんだ、クリスティーヌからも聞いた」

「先生もわかってくれたんだ、だから戻ってきてくれ俺のところに」

わかってくれた、ブランシュ氏が?


「もう絵をやめるなんていわないから」

「お前の夢を全てかなえるよ」

「有名な画家になってお前を迎える」

「何年かかってもやり遂げるから」

アンドレは必死になって説得の言葉を並べていく。

信じられない思いで聞いていた。

「生涯お前だけを愛するよ」

「それともこんな俺では嫌か?こんな何も無いお前にふさわしくない俺ではいやなのか?」

「もう俺を愛してはいないのか?」

心配そうにオスカルを見つめるアンドレの顔を見た途端

「ちがう」

思わず声に出していた。

彼を愛していないなどもう二度と口にはしたくない


胸が張り裂けそうで泣きながら叫んだ。


「違う、違う!違う!」


「私はお前の・・全てを愛しているんだ!」

「お前のためなら何でも出来た、たとえ私の幸せを犠牲にしても」

「この髪も瞳もその心も何もかも・・誰よりお前を愛しているのに」

オスカルはアンドレの髪に頬に触れながら答えていった。


アンドレはオスカルのその返答にに安堵した。

「では愛してくれ」

「その心のままに俺だけを愛してほしい」

そしてあらためて愛を告げていった。

「オスカル、愛している、俺の側にいて俺を愛して、俺のものになってほしい」

その言葉にオスカルは震えながら頷いた


それを見たアンドレは再び強く抱きしめる。


誰よりも暖かく、誰より優しい・・私のアンドレ

あれほど恋しいと思った彼の胸の中

「死んでもいい」

「え?」

「このまま・・死んでもいいくらい幸せだ」


アンドレは苦笑しながら答えた。

「まだ死んでもらっては困る」

「だって俺達は一緒に年老いていくんだから」

それはオスカルの本当の夢

愛する人と結ばれひとつとなることが

その時オスカルはアンドレに最高の笑顔を見せた。


そのままアンドレはオスカルに唇を重ねていった。

神の御前での永遠の愛を誓う口付けを


オスカル俺は誓うよ

お前だけを愛することを

お前だけを守って生きていくことを

お前が俺にしてくれたように 全てをかけて愛していく


たとえ、お前が氷の姫であっても、俺はお前を愛せるんだよ オスカル

The End


真実の恋人

スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 14

There are no comments yet.

Mai

素晴らしいお話でした。

本当に素晴らしいお話でした😂今、あまり体調良くないせいか涙腺が弱くなっており、診察の待ち時間に拝読し 感動のあまり涙ぐんでしまいました((T_T)) 紆余曲折はあったもののハッピーエンドで終わってホッとしましたが、もうお話の続きが見れないのは残念ですー。また新しいお話を心待ちにしております。あ、でも、うさぎさまの御負担にならないようにお願い致しますね❗ また、今回のイラストは格別に美しく 特にオスカル様のアンドレを見つめる瞳の輝きといったら…宝石のようにキラキラして美しすぎます❗あんな目で見つめられたらアンドレはたまりませんね♥ うさぎさまのイラストは 作中のアンドレの絵と同じくらい愛情たっぷり満ち溢れており観る人の心を幸せにしてくれる不思議な魔力(魅力)を持ち合わせていらっしゃいます🎵 本当に素敵なお話と愛のこもった素晴らしいイラストをありがとうございます♥
今回のイラストはまたダウウロードさせていただきますね✨

私は途中からブログの読者になったので、今、少しづつ昔のお話も読ませて頂いております。ありがとうございます❗

2017/09/26 (Tue) 17:27

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/26 (Tue) 20:54

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/26 (Tue) 21:37

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/27 (Wed) 00:36

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/27 (Wed) 10:01

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/27 (Wed) 12:51

うさぎ

Re: 素晴らしいお話でした。

MA様、いつも身に余るほどのお褒めの言葉ありがとうございます♪

MA様体調お悪いのですね、大丈夫ですか?

お話が途中からハラハラモードになったので、まさか心痛で、とか。

コンサートも迫ってるのですからお大事にしてくださいね。

イラスト気に入ってくれてとてもうれしいです♪

今回かなり何度も書き直し、おかしくないかな?と悩みつつのアップでしたから。

このお話のオスカル様は最初は心が無い氷の姫だった人です、それがアンドレと恋していくうちに本来の自分を取り戻していくのですが。

元はクレメンスの女王様ですから、ともかく綺麗に描きたい、その氷の姫の氷が解けるがごとく涙するシーンを描けたら最高だと思い頑張りました!

不思議な魔力(魅力)を感じていただいて最高にうれしいですありがとうございます♪

MA様またお会いしましょう!

2017/09/27 (Wed) 17:45

うさぎ

Re: No title

AN様、まだ最終回とは思ってなかったのですね。

最後になるほどオスカル様の立場が不憫でしたから、もう少しラブラブ描けばよかったかな?

でも、教会での終わりなんてロマンチックだし、素敵じゃないですか、AN様もそう思いますか、そうですか♪

何はともあれ満足していただけたみたいで良かったです。

いつも暖かいコメントありがとうございましたAN様。

2017/09/27 (Wed) 17:50

うさぎ

Re: 二人のイラスト素敵です❤ありがとうございました。

CHI様そうです、終わってしまいました。

CHI様モーツァルトの「星から降る金」の歌詞見てみました。

「愛とは解き放つこと 愛とは別れること 愛とは自分を捨てること」なるほど~、今回のオスカル様の行動そのものなんですね!

この歌とお話がシンクロして私の作品の中で一番悲しくなったのですね。

そうですね、こんな大きな愛をお互いに捧げてるのですから、アンドレはもっと素晴らしい絵を描いていくでしょう。

オスカル様をモデルにする絵はもちろん、そのほかの絵も。

CHI様続編期待ですか?アンドレ画伯に聞いて見なければ(笑)

イラストは気に入ってもらえたようですね、良かった苦労したんですよ髪のとこなんて(報われた)

CHI様いつも暖かいコメントありがとうございました。



2017/09/27 (Wed) 18:03

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/27 (Wed) 18:17

うさぎ

Re: No title

YA様、こんにちは。

真実の恋人、気に入ってくれてとてもうれしいです♪

前半はお二人が恋人になっていく様子をかなり細かく描きました。

そうすることによって、二人は深く愛し合っているのがわかる。

それによって後半の別れのシーンは衝撃的に写るでしょう

その後のオスカル様の悲しいシーンもより悲しく、でも悲しみの先に愛する意味を見出す。

今回それらを色濃く表現するために出来るだけ細かく描こうと努力しました。

その意味を理解していただけてうれしいです。

イラストも気に入っていただけて、これにもうれしいです♪

大変ではありましたが、描いてよかったって思います。

いろいろ心配してくれてありがとうございます、YA様もお体をお大事に。

YA様のコメントとても優しいお人柄が出てますし、素晴らしい言葉で私を癒してくださいました。

ありがとうございました。

2017/09/27 (Wed) 18:18

うさぎ

Re: 真に結ばれたお二人のイラスト最高!

TM様こんにちは。

イラスト今回は無事ゲットですか、ありがとうございます。

最後のシーンは教会の聖堂でした。

だって毎日教会に祈りに来てたのアンドレしってますからね、近場だし真っ先に行きます。

結局は落ち着くところに落ち着いた感がありますが、それもお二人の努力によるものです。

オスカル様は安易にアンドレが絵をやめて自分のものになる誘惑に打ち勝ち、彼を絵の世界に戻しました。

そしてアンドレは心を込めた絵によって師匠の心を動かし、自分の見たままのオスカル様を信じて、その心のままに行動します。

でもアンドレ、お前の夢を全てかなえるからって言ってたでしょう。

あれは、たとえ氷の姫のお前でも受け入れるからって意味でもあるんですよ。

TM様イラスト涙こぼしてるって気がついてくれたのですね、よかった、わからなかったら困るなあなんて考えてました。

気に入ってもらえて良かった♪

お二人にはまだ氷家族もいますし、アンドレも画家としてやっていくにはまだまだだし、おばあちゃんをいつまでもほったらかしにはできない。

問題はまだまだあります。

それに、そうそう、独占欲強いのでまたまた嫉妬もするでしょう(笑)

そうですね今回アンドレ嫉妬場面無しです、話を広げすぎるとまとまりにくくなるので、私の話は狭い範囲の話が多いのです。

最終回突然でしたか?師匠の話の後最終回になると予想されると思ったのですが。

最終回、今回は苦しんだ分(いつもだけどもっとです)私も寂しいです。

TM様、いつも熱いコメントありがとうございます(大変だったでしょうに)

TM様の励ましが今回特に身にしみました。

こんなに私のお話見ていろいろ考えてくれるんだ、頑張ろうって気になれました。

いつもありがとうございました。



2017/09/27 (Wed) 18:50

うさぎ

Re: タイトルなし

KO様、そうです終わりました。

偽りの続きの真実を見ても氷結オヤジと赤外線半熟画家の対決見たいのですか?(しかし赤外線半熟画家とはぷぷぷ)

真実のお嬢様、確かにやきもち焼くわ、甘えるわ、しまいには抱いてのおねだりまで、一時別れてからも友達の前で号泣するわ、彼氏の住む家の前まで行き花まで置いて帰る始末。

やはり小悪魔ですね。

でもオスカル様だと可愛く見えるから不思議です。

KO様、またかけると良いのですがどうなんでしょう、こればかりは自分でもわかりませんからね。

真実の先が書けるといいな、とは思ってますが。

KO様いつも楽しいコメントに喜んでいました

ありがとうございました。

2017/09/27 (Wed) 19:02

うさぎ

Re: 今回も、ありがとうございました♪

MI様そうなんです、恋人同士になったからって上手くいくかは未知数です。

誰しもおこりうる問題をお二人の間ではどうなのかを描いてみました。

もっともお二人の場合は、他の人たちよりやっかいですが。

イラスト、オスカル様の髪悩んだんですよ、どう描けばいいのか。

いろいろ漫画など見て、私が出来そうなのを選んでは試していきました。

MI様のイラスト評論、いろいろと参考にしているんですよ。

自分から見るのと他人から見るのでは違います。

好き嫌いがあるのもわかってますが、それでも自分が気がつかなかったこと気づかされることも多いのですよ。

だから、そうかそうみえるのかって勉強になります。

教会にオスカル様に会いますよね~♪

神々しいあの姿です、まるで天使が舞い降りたかのよう・・

今回アンドレの師匠が最後に活躍しました。

本物の画家であればわかるはず、アンドレの絵が真実を物語っているのが。

MI様お忙しいのに立ち寄っていただいてありがとうございました。

忙しい家事の合間に来てくださってうれしいです


2017/09/27 (Wed) 19:14