FC2ブログ
うさぎ

夜のフェアリー⑰

その夜オスカルは自室で一人考え込んだ。

アンドレと心を通じ合わせ、心からの友になったのに。・・

それが原因でこんな噂を生むなんて

何とかフロレルには誤解を解いたのだが。

しかし、それでも安心してはいられない。

アンドレといる僕が女に見えたなんて

僕とアンドレが恋仲だと疑われ続ければ、そのうち、僕が女だってことに、気づかれてしまうかもしれないのだ。

それだけは、避けなければ。

僕が女だって知られてはいけないんだ!


翌日、オスカルはアンドレに何といえばいいのか悩み続けていた。

「オスカル、ぼうっとしてどうしたんだ?」

「アンドレ?」

気がつくとアンドレがすぐ側にいてオスカルに話しかけてきたのだ。

アンドレと僕が恋仲・・・

フロレルからアンドレとの仲が噂になってると聞き、つい今しがたまでそのことを考えていたから、オスカルはアンドレを意識してしまい顔を赤らめた。

「いや、ちょっと考え事をしていた」

「どうした、顔が赤いぞ、熱でもあるんじゃないのか?」

アンドレはオスカルの額に手を当てた。

「ね・熱なんてない!ほっといてくれ!」

オスカルは急いでその手を跳ね除けた。

ただでさえ、意識してしまうのに額に手など当てられたらたまったものではない。

「昨日は気分が悪いからって帰ってしまったけど、今日は温室に来るだろう?」

最近では帰りにも温室に行ってアンドレと過ごしていたのだ。

いつもどおりのアンドレの親しげな会話。

「いや・・・今日は・・」

疑いを晴らすには、アンドレと親しくしてはいけない。・・

思い切って言った。

「僕は温室には行かない!」

「え・・どうして?」

「どうしてもだ、ともかく僕は行かない!」

いつもは快く承知してくれるのに

アンドレにすればオスカルの返答は意外だった。

「今日当たり、グリムゾングローリーが咲きそうだから一緒に見ようって言っただろう?」

「お前楽しみにしてたじゃないか」

オスカルはうっとなったが、ここはひいてはいけないと反撃した。

「女の子じゃあるまいし、僕は花が咲くのを楽しみなんてしていない」

「第一、僕はバラに興味なんて無いんだ」

アンドレは真顔になり、オスカルの手首を握った。

「オスカル」

「一体お前今日はどうしたんだ?」

アンドレに腕を掴まれて思わずひるんだが、しかし改めて皆の前だと意識して思った。

アンドレとは距離を置くべきだ。

僕達が恋人同士だなんて疑いをもたれてはいけないんだ。

だって、僕は・・・


オスカルは握られた手首を振りほどき突っぱねた。

「気安く触るな」

「別に僕はバラの世話をしたくてやっていたんじゃない」

「ただ、お前が大変そうだったから今まで手伝っていただけなんだ」

「・・もう好きでもない土いじりをやるのに飽き飽きした!」


そこまで言った後、アンドレの顔色が変わったのがわかり、はっとなった。

「そうか、わかった」

「もうお前は手伝いに来なくていい」

アンドレはさっさと自分の席のほうに行ってしまった。

オスカルはアンドレの後姿をじっと眺めながら、動けないでいた。


オスカルはその後の授業もろくに耳に入らず、たまにアンドレのほうを気にして見ていたが。

彼は一度も自分のほうを振り向くことはなかった。


学校が終わり、屋敷に戻る。

「お帰りなさいませ、オスカル様」

ばあやが迎えに出てきた。

「ただいま・・」

「今日はマドレーヌがございますよ、お紅茶とお召し上がりになりますか?」

「いや、いらない、夕食まで部屋にいるよ」

オスカルは急いで自分の部屋に行き、そのままベッドの上に突っ伏した。


アンドレを傷つけてしまった

彼の凍りついた顔を思い浮かべると、たまらなく胸が痛む。

けれど、このまま僕達の仲を疑われるわけに行かない

だから・・仕方ないんだ

眼から涙が零れ落ちた。

クリムゾングローリーを

アンドレと、一緒に眺めたかったな。・・


同じ頃、アンドレは温室で一人バラの水遣りをしていた。

水遣りをしながら、綺麗に咲いたバラを眺めてみる。

思ったとおり、綺麗に咲いた。

バラの世話なんてしたくない、土いじりは飽き飽きだ・・・か

昨日まであんなに楽しそうにここで一緒に過ごしてたのに・・・

結局は金持ちの気まぐれだったのか?

アンドレはオスカルに言われたことばに傷つきながらも彼のことが気になってしょうがなかった。

クリムゾングローリーに近づき、そっと花びらに触れてみる

綺麗に咲いている。

一人で見るにはもったいないほど・・
スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 4

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/04 (Wed) 00:07

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/04 (Wed) 09:17
うさぎ

うさぎ

Re: No title

AN様こんにちは。

オスカル様、一番ばれてはいけない秘密のためにアンドレを遠ざけました。

こういうことにかけては人一倍不器用なオスカル様はアンドレを傷つけ、ついに彼の怒りを買うことに。

その結果どちらも同じくらい傷つき、辛い時間を過ごします。

今日はまた違う意味で辛い内容になるかな?

けど、これは誤解を解くことにもつながります。

ハラハラしつつ、見守っていてくださいね♪

2018/04/04 (Wed) 16:21
うさぎ

うさぎ

Re: アンドレの心は??

TMO様こんにちは。

やはりTMO様オスカル様の発言にイライラドキドキしてしまいましたね。

ジャルパパは、自分がオスカル様の立場ではないから理解していないと思います。

娘は何とかやりこなす子なので、ついつい無理を言う親、という構図です。

TMO様どうどうとアンドレとボーイズラブ宣言とは!もうちょっと軽いお話ならありえますね(笑)

オスカル様、アンドレとの友情にひびが入ったことには後悔することしきりですよ。

あのように甘えさせてくれた初めての人ですから。

アンドレにしても、あのシルフィードだとわからないものの、オスカル様のこと、自分を慕ってくれる可愛いやつでしょうし、何といっても彼?はほっとけなくて気になる存在なのです。

お二人の友情にひびが入り、暗雲たちこめていますが、今日は違う意味で事件が。

腹が立つでしょうが、しかし、この事件は二人の誤解を解くきっかけになります。

2018/04/04 (Wed) 16:31