FC2ブログ
うさぎ

夜のフェアリー27

翌朝、オスカルはロアンヌ村のジャルジェの屋敷の自室で目が覚めた。

起き上がりカーテンを開くと、ここはパリと違って自然豊かなロアンヌ村なのだ。

良い天気だ、さすがに気持ちがいい。

オスカルは着替えて階段を降りて、食堂へ向かっていく。

食堂にはもうすでに母と妹のイヴリンが席に座ってオスカルを待っていた。

「おはようございます」

食堂に入るなりオスカルは二人に声をかけた。

「おはようオスカル、良く眠れたかしら?」

「はい、とても良く眠れました」

妹のイヴリンはオスカルを見ると席を立って急いで抱きついてきた。

「おはようオスカルお兄様、昨日はお出迎えできなくて残念だったわ」

「もう遅いから早く寝るようにお母様にベッドに押し込められたのよ」

オスカルはイヴリンを笑いながら抱きしめてやった。

「そうか、僕もお前の顔が見られなくて寂しかったよ」

そしてしみじみと妹の顔を見た。

「イヴリン綺麗になったね、もうすっかりレディじゃないか」

「オスカルもさらに素敵になったわ、ロアンヌ村にはオスカルみたいな男の子は他にいやしない」

オスカルの賞賛の言葉に気を良くするイヴリン。

イヴリンにとってオスカルは自慢の兄だ。

「兄妹の再会の挨拶は済んだのだから、座って朝食にしましょう」

母に言われてオスカルもイヴリンも朝食の席に着いた。

パンケーキにスクランブルエッグとソーセージとサラダが並んでいた。

「では、いただきます」

パンケーキにクロテッドクリームをつけていると母がオスカルに話しかけてきた。

「実はね、オスカル、今度うちでパーティーを開く予定なのよ」

「パーティー・ですか?」

「ええ、せっかく貴方が帰って来たのだから、ロアンヌ村の名士の方々を呼んでの歓迎会を開こうと思ってね」

「お父様がこちらにいらしてから開く予定だからそのつもりでね」

母は立派に成長した息子を村の人々に披露するのを楽しみにしていた。

「パーティーは久しぶりだから、楽しみ!しかもオスカルと踊れるわ」

イヴリンが横から口を出した。

「イヴリン、貴方にはパリスやフェリドがいるじゃないの、オスカルばかりと踊るのを楽しみにしてないで他の殿方ともお相手しないと」

「あんな人達よりもオスカルのほうがずっと素敵だわ」

気乗りしない様子のイヴリンに母はオスカルに苦笑しながら述べるのだ

「本当に困った子、オスカル貴方からも言って頂戴、イヴリンは何人ものお付き合いの申し込みがあるのに、取り合わないのよ」

「イヴリンはもうそんなに申し込みがあるのかい?」

オスカルは驚いただってイヴリンはまだ13歳になったばかりだ。

しかし、フロレルの例もあるのだから別段珍しくも無い話だ。

「そうなの、でもこの子は選り好みが激しいから、大変」

「だって、他の男子はオスカルみたいに素敵じゃないもの」

イヴリンの理想は、知的で優しくて、しかも美しいオスカルだった。

こんな兄がいれば他の男子など眼中に入らぬのは当然

「オスカルは特別なのよ、少し妥協して考えるのね」

しかしオスカルは母の心境が読めていた。

母はとりあえずイヴリンに交際を進めているようだが内心は安堵しているに違いない

妹のお相手は自分が認めた男性を選びたいのだから

朝食が済み、母は婦人会に出かけるという。

イヴリンは家庭教師が来て勉強の時間だ。

いつもそうだが、此処に来るとオスカルは暇をもてあましてしまう。

散歩でもするかな・・・

庭に出て、緑の景色を楽しんでみる。

ロアンヌ村は自然豊かな土地だ、そして気候も暖かく良い風が吹くゆえに作物の実りも良い。

太陽の光を受けながらの風は心地よい。

風がバラの香りを運んでくる

ここはバラの産地だものな。

ロアンヌ村では当たり前のことなのに、今までは意識したことさえ無かった。

毎日温室でバラの世話をしてたから、この香りに懐かしささえ覚える。

いつもなら・バラに水をやって 肥料をやって 土を変えたり 虫を取ったり 剪定したりして過ごす

アンドレと一緒に・・・

アンドレ・お前は今何をしている?

スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 6

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/11 (Fri) 21:30

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/11 (Fri) 23:59
うさぎ

うさぎ

Re: No title

AN様こんにちは。

確かにオスカル様みたいなお兄さんがいれば、イヴリンのような態度になるでしょうね♪

AN様パーティーでのアンドレが心配なのですね。

けど、パーティーはもう少し先なのです、今日はアンドレがどうしているか?

村にもどってアンドレが思うことは・・?

2018/05/12 (Sat) 08:37
うさぎ

うさぎ

Re: No title

M.A.Y様、こんにちは。

M.A.Y様、ジャルジェ夫妻におかんむりになられて忘れてたんですね。(どなたかわかって安心しました)

ロアンヌ村では、母親と妹のペースで話は進んでしまいます。

しかも今はアンドレと離れ離れだからオスカル様退屈です。

今日はM.A.Y様のご希望通りアンドレ登場ですよ♪

2018/05/12 (Sat) 08:45

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/12 (Sat) 10:17
うさぎ

うさぎ

Re: 離れても恋しいのね♡

TMO様こんにちは。

お出かけの日なのにコメントくださり申し訳ありません(汗)

オスカル様を女性だと知らないのんきなジャルママはオスカル様を自慢しようとパーティーを開催します。

パパも、オーランドに入学したくらいから、いつまでも屋敷に閉じ込めておくのは無理だと判断したのでしょう。

ロアンヌ村で落ち合う約束は楽しいけれど、邪魔者が沢山いるからややこしいことになりかねない休日です。

アンドレはもう登場ですよ、真面目な彼はお世話になった方々に挨拶に行っています。

そしてなかなか来ない彼を待ちくたびれたオスカル様は行動開始です!

2018/05/12 (Sat) 23:26