FC2ブログ
うさぎ

夜のフェアリー7章の40

待ちかねた休日が来た
二人は朝早くから出かける準備をした。

二人してお弁当を作ったあと、コーヒーとトーストの軽い朝食を食べる
そのあとシャワーを浴びて、着替えていった。
すっかり準備を整い、作った弁当が入ったカバンをもって二人は部屋を出ていった。

階段を下りて裏口から出ていく
すると店の掃除にきたデジレと出会った。

「オスカル、おはよう、お出かけかしら?」
「おはようございます、デジレさん、そうなんです」
「あら、そちらは?」

急いで紹介した。
「あの・僕の兄のアンドレです」
「はじめまして、アンドレです、いつもオスカルがお世話になっています」
デジレのことは聞いていたから、すぐにわかり挨拶をした。

「まあ、こちらがオスカルのお兄さんなの!」
「こちらこそオスカルにはお世話になっているのよ、思いやりがあるいい子だわ」
「ありがとうございます、デジレさん」
心からオスカルを褒めるデジレにアンドレはうれしくて礼を言った。

「じゃあ、気を付けていってらっしゃい」
「はい、では行ってきます」
デジレに別れを告げ歩き出した

外は日差しが温かく外出日和だ。

「良い天気でよかったな」
「ああ・昨日風が強かったせいか空の色もいい」
オスカルは張り切っていた。

「しかし、ただ散歩してピクニックがしたい、だなんて・・映画とか買い物とかでなくて、良かったのか?」
せっかく久しぶりに二人きりで出かけるのだからアンドレとしては、少しでも喜ばしてやりたかった。

「いいや、このほうがいいんだ、一度ゆっくりお前とこの街を歩きたかった」
「考えてみればエレインに来てからお前と街を散歩するなどできなかったからな」

オスカルはアンドレと改めてこの街を歩いてみたいという
これからも長く住む街なのだから、いろいろ知ってこの街を好きになりたいと思ったのだ。

オスカルの考えはアンドレにも伝わった

「そうか・では、ゆっくりと町中を探索するか」
「うん、それでは行こう」

まず、オスカルはいつも行く市場に寄った。
ひいきにしている店のおかみさんが、忙しそうにリンゴを並べている。

「マダム、おはようございます」
「あら、オスカルおはよう」
「美味しいりんごが入ったわよ、ひとつどう?あら、お友達も一緒なの?」

おかみさんはアンドレに気が付いた。

「マダム、僕の兄の・アンドレです」
「アンドレ、いつも果物や野菜をサービスしてくれる親切な方だ」

オスカルはデジレに紹介され親しくなったおかみさん達をアンドレに紹介しようと考えたのだ。

「ああ、お前が毎回世話になっている市場の奥さんか!」
「はじめまして、いつもオスカルがお世話になっています」

アンドレが丁寧に自己紹介するとおかみさんは、オスカルとはまた違う魅力の彼に興奮した。

「まあ!こんなお兄さんがいるなんて、オスカルと似てないけど、彼も素敵だわ」

すると、別の店のおかみさんらが騒いだ。

「ちょっとオスカルの隣にいる人は誰なのさ?」
「オスカルのお兄さんだってさ」
「なかなか素敵じゃないの、あたしにも紹介して頂戴よ」

オスカルはほかのおかみさんらにもアンドレを紹介する。

「皆さんここにいるのは僕の兄の、アンドレです」
「いつもオスカルが世話になっています、兄として感謝します」
「オスカルとは違った魅力ね、あんたも来てくれればおまけするわよ」
「そうよ、オスカルから聞いてるわ、とっても優しい兄だって」
「あたしたちオスカルが来てくれるのが楽しみなのよ、こんな綺麗な子があたしたちに優しく話してくれる、それだけでもありがたくなるわ」

散々おかみさん達の歓迎の洗礼を受けた後、何とか二人は市場から出ていくことが出来た。

アンドレは疲れたように言う。
「にぎやかなおかみさん達だったな」
「よくしゃべるけど、良い人たちばかりなんだ、僕が兄弟二人で暮らしてるってデジレさんから聞いて、いつも親切にしてくれる」
「わかっているよ、あの人たちがお前に良くしてくれてるのは」
「彼女たちのお前に対する態度を見ればわかる」

その後オスカルは公園にアンドレを誘った。

以前路上生活者のポールと賭けをした公園だ。

「ここは以前僕がサッカーで賭けしたところなんだ」

賭けと聞いてアンドレの顔色が変わった。

「お前、また賭けをやってないだろうな?」
「とんでもない!あれから一度も行っていないよ」

誤解を解こうと急いでいった

「ただ、ここの景色が好きなんだ、お前と二人で見たいと思ってな」

オスカルの返答にアンドレは安堵し納得した。

「そうか、確かに広くて緑も多い落ち着ける雰囲気がある公園だ」
「そうなんだ、ここでお弁当といかないか?」
「いいな、そうしよう」

公園は以前来た時よりも花が咲き乱れていた。
二人はベンチに座って持ってきた弁当をカバンから出していく。
アンドレが近くの店から飲み物を買ってくると言って出かけた。

オスカルはアンドレを待ちながら公園の景色を見た
子供たちがサッカーをして遊んでいる。
少し離れた場所で、それを眺めている人がいた。
あれは‼
スポンサーサイト



うさぎ
Posted byうさぎ

Comments 0

There are no comments yet.